■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
位置取り
今回はダブルスの陣形についてちょっと。


スマッシュ3月号の
鈴木貴男直伝ダブルス講座に

『サービスゲームでの前衛は少し後ろ目の位置に立ち
 サーブのボールと同じように前に出ていき
 リターンにプレッシャーをかける』

と書いてあったのでその通りにしてみたら
なかなかいい感じ  で攻撃的なプレーができました。


ぜひ皆さんもお試しあれ。







それはそれとして
苦手なシチュエーションがあるんです。

サービスゲームでの前衛の時に多いんですが
サーバーが前に詰めて  きて
ボレーする度に詰めて  きて
前衛の私を追い越しそう  に
あるいは追い越してしまう  ことがあります。

そんな時私はロブをケアしたくなって
前衛なのに下がってしまいます。

いわゆる『逆ポジション』になる訳ですな。


で、たいがい
『下がっちゃダメ  』
と言われます。

この時点で攻撃の体勢になってるから
攻めに集中するべきで
いいロブが来たら諦めるくらいの気持ちでいなさいと。


言ってることは理解できるんですが
この陣形で私も詰めちゃったら
それほどいいロブでなくても
抜かれちゃわないかい?

まぁ、頑張ってスマッシュ
もしくはカットしなさいと
そういうことなのかもしれませんが。



ちなみにダブルス講座によりますと
『ファーストボレーしたらさらに詰める』
とあり
鈴木選手も
『ファーストボレー後のステップで2人が平行に並ぶのは普通。
 場合によっては自分が前に出ることもある』
とコメントしてます。


私にとって問題なのは
その時の前衛がどう動けばいいのか
ということです。


ド詰めのポーチ狙いでいいのか?
そしたらサーバーが前衛を追い越した時点で
2人ともベタ詰めになってしまうではないか。

それは攻撃的というよりもむしろ
無謀な陣形ではないだろうか?



ちなみに私がサーバーの時は
ファーストボレーの後も前衛と並ばないように
陣形を崩さないことを第一に考えます。

前衛を追い越してしまうなんてことは
まずありえません。

逆にボレーしてもその場に留まってしまうことが多くて
それはそれで問題  なんですが。







相手目線で考えてみると
自分がリターンの時
サーバーが前に出てきて
出てくる度に詰めてきたら
確かにプレッシャー  です。

そういう時に
苦し紛れのロブをあげると
たいてい失敗  します。


でも相手のボレーが甘かったらどうだろう?


ロブだって気持ちに余裕を持って上げられるし
ぶつけるつもりで打ち込むにしても
目の前に格好の標的  が二つもある。

沈めるとか抜くのはさすがに厳しいけど。



相手サーバーが私のように
前に出ても下がり目 (サービスラインやや前くらい) だったら
狙うのは足元かアングルになるでしょう。
陣形的にロブは選択しにくい。

けれどプレッシャーは感じないかもしれない。



そう考えてみると
答えはほぼ出ているようなものですが
頭で理解しても
ついつい体が動いてしまうんですよね~。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・戦術面 | 21:11:06 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
テニス初心者がテニスの面白さにはまる!
こんばんは、コメントありがとうございました。
まだ、私の場合位置取りの段階にはなっていない状態ですが、
位置取りによって相手にプレッシャーを与えたり、打ち込まれたりするので大事ですよね。気候も暖かくなりましたからお互いテニスを楽しみましょうね。
2010-03-03 水 23:02:15 | URL | みき [編集]
> サービスゲームでの前衛は少し後ろ目の位置に立ち
> サーブのボールと同じように前に出ていき
> リターンにプレッシャーをかける

なるほど!これは試してみます!!

実はワタシも今、ダブルスの位置取りでかなり悩んでいるんですよ。
テニス道場ではロブケアを考えて、あんまり前に詰めすぎないように言われてます。
でも、職場のテニス部はバリバリ「攻めに行け!系」なので、サーブのあと一本待とうとすると「サーブ&ボレーで攻めていけ!」と。
特にワタシはバックサイドなので、とにかく前に詰めていくように言われます。
サーバーが前に出てきたら、やっぱりロブケアしたくなるんですが、むしろ前に詰めてサイドとセンターのコースをつぶすようにプレッシャーをかけたほうがいいといわれました。

ダブルスはなかなか奥が深いですね~。

2010-03-03 水 23:16:39 | URL | 和 [編集]
ダブルスの陣形
フォアサイドで球が動いているという前提です。

並行陣だったら、クロス方向に球が動いているときは、
バックサイドの人が前、フォアサイドの人が後ろ。
逆にフォアサイドの人がストレートに流したら前後交代。

ボール自分から見てストレート方向ならペアより前、
クロス方向ならペアより後ろ。
それが基本の動きだと習いましたし、今でも実践してます。

2人が一番前で並んでしまったらセンターガラ空き、
ロブ抜かれ放題です。
2010-03-04 木 00:08:47 | URL | 徹 [編集]
>サーブのボールと同じように前に出ていき~

おぉ~!今週、さっそく試してみます^^
ちなみに先週のレッスン、テーマは「圧力」
相手前衛の動きをとめる為に、デッドゾーンの球を
ドライブボレーできっちり返す、というのをやりました。
(あくまでも威嚇が目的なので、しっかり構えるまでが肝)
実際男性にコレやられると、前でチョロチョロしづらくなります~
2010-03-04 木 20:21:43 | URL | BOOH [編集]
*みきさま

相手にプレッシャーをかけたつもりが
ただ標的になっただけだった。
そういうこともままありますよね。

男ダブだと
「ぶつけられるのもプレーのうち」
という意識の方が多いので
結構バチバチやられます。

まぁ逆にやってもいるので
お互い様なんですが(笑)。


*和さま

>バリバリ「攻めに行け!系」

記事にも書きましたが
今、『つなぎ』から『攻撃』へ
シフトしようとあがいているんです。

同じ実力なら、という仮定ですが
ダブルスだと『つなぎ』より『攻撃』のほうが
分がいいように思えます。

難しいですよねぇ。


*徹さま

>それが基本の動きだと

そうなんです。
私もそう思っています。

だから記事のように
サーバーが前衛の私を追い越したりすると
『何してんねん!』
って思ってしまうんです(笑)。

でもどうやらペアが悪いとも言い切れないような
もっと二人で連動して動かなきゃならないような
そんな感じがしています。

ホントに奥が深いですよねぇ。


*BOOHさま

>テーマは「圧力」

我々の今のテーマとぴったりです。

デッドゾーンからのドライブボレー
やられたら前衛はかなり怖いですね。

挑戦してみます(笑)。
2010-03-06 土 22:21:54 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad