■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
プレースタイル?
ダブルスに関してもう少々。


レギュラーで通っているクラスのコーチは
陣形を崩さないこと
 空きスペースを作らないこと
を優先したアドバイスをします。

強引な攻撃というのは
あまり好まないようです。


一方で
振り替えでよく行く別のコーチは
ネットより高い球を攻撃すること
 少ない球数でポイントを取ること
を優先したアドバイスをします。

陣形の保持にこだわったり
つなぎの球を続けるのは
あまり好まないようです。


で、両方のレッスンを受けている生徒たちは
スクールの外で議論するのです。


いったいどっちが正しいのだろうか?


といっても
周りの数人なんですけど。



①は確かに堅い。
間違いなく私はこのタイプです。

だからわかるんですが
つなぎのショットの質を向上させ続けないと
あるレベルから通用しなくなります。

でもレベルが上がれば
それに比例して厳しい球が来る訳です。
その中でショットの質を向上させるのは
かなり難しい。

長丁場での競り合いになると
相手がいいプレーをするか or 相手が自爆するか
という話になってしまいがちです。

自分の力で状況を打開するのは
難しいように思えます。



かといって②がいいのかというと
そうでもない。

社会人男性プレーヤーに多いように思えるのですが
『まず、つなぐ』
という意識が低くなる。
ありていに言うと
『荒いプレー』
が増えてしまう。

みなさんのスクールにはいらっしゃらないでしょうか?
派手なプレーで上手いんだけど
試合では負ける方。

仲間内のテニスだとダントツなのに
外の試合だと…な方。

私の周りには意外と多いです。



我々の間では
まず①を身に付けて
だんだんと②に移行していくのが望ましいのではないか
というのが一応の結論になっています。

確かに②にしても
①が重視する陣形に則った上で
チャンスが来たらそれを度外視する
ということなので
まぁ自然な話に思えます。


でもホントにそうなのでしょうか?


たまたま私は
元々の素質が①なので
より上を目指すために②に挑戦する
というのがスムーズに理解できます。

でも、元の素質が②にある方
攻撃的なプレーに光るものを持つ方が
②を磨く前に①の習得をしなければならないとしたら
それはその方にとって
すごく難しい課題になるのではないでしょうか?

それって、楽しいのでしょうか?



何故こだわるかといいますと
スクールを通じて知り合ったテニス仲間に
②で光るプレーをする方がいるんです。
 (①については、まぁ…)
その方はまず①を身に付けようと
努力しているのですが
自分の得意なプレーにブレーキをかけてしまい
迷いが生じているように見えます。

この迷いは
上を目指すためには避けられないものなのでしょうか?
この方の持つ特性に合った
レベルアップの道筋はないものだろうか?


真剣にテニスに取り組んでいて
試合に勝ちたいと頑張っている仲間なので
何かいい方法はないものかと
考えてしまうのです。

人気blogランキングへ 抽象的でつまらなかったかもしれませんが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・戦術面 | 22:09:21 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
プレイスタイル
②タイプもアリだと思います!
相手にプレッシャーを与えられるのは圧倒的に②ですからね。
こればっかりは、向き不向きの問題で、
反射神経のいい人は②、そうでない人は①でいいのではないかと思います。
①の人と②の人で組むなら、ある程度お互いの役割分担をきっちりさせとけば、
いいのではないかと思いますよ。
2010-03-06 土 23:10:20 | URL | 徹 [編集]
前記事と合わせて、ちょっと書いてみます。(支離滅裂になるかもですw)

女ダブと男ダブでは少し違うとは思いますけれど、、、ボレーをしながら一歩ずつ詰めていくのは男性が圧倒的に多いですね。男性はスマッシュが得意な人が多いので、それはそれで良いのだと思います。

てにままの昔のペアさんで、ストレートロブをあげると前衛のてにままを追い越して直ぐに逆詰めになる人がいました。それでいて、自分上に上がったロブの処理はそれほど上手くない(-_-;)当然、てにままが前衛のときにはロブケアのために彼女より後ろ目ステイです。けれども、そのロブが甘ければ彼女の真後ろからでもスマッシュしましたよ!ペアさんの位置と相手の返球を見極めなければいけなくて、とても苦労したのを思い出します。

現在のペアさんは完全縦割りなので、とにかく自分の上に上がったロブを完璧に処理できるようになることが最大の課題。。。

逆詰めになるほど攻撃的な昔のペアさん、ロブを抜かれるのが怖くて後ろ目にいて繋ぐが得意な現在のペアさん。てにままは、どちらかというと②タイプでしたから、昔のペアさんとは①の役割をし、①タイプの現在のペアさんとは①でいながら彼女の機嫌を損ねない程度の②を演じています(笑)それでも彼女の予想外の攻撃が決まったときには喜んでもらえる(ミスさえしなければね)

>②を磨く前に①の習得をしなければならない・・・
『長所進展』のほうが良い結果を招くと考えています。

そして女ダブに関していえば『繋ぐ球』 『決める球』 その二つの区別は無いと思うのです。、何でも返ってくる・・・それも想定外の厳しいところへ!『決め』に行けば行くほど『切り替えし』に遭いますもの(-_-;)
2010-03-06 土 23:15:59 | URL | てにまま [編集]
①と②はどちらかに重点をおくよりも、状況に応じてその使い分けをうまくできるようになりたいもんです。
試合開始直後で自分達のリズムがまだ整わないとか、相手がノリノリで攻めているときは①かな。
こちらが崩れない、空いたスペースがないというのはそれだけで相手にプレッシャーになると思うんですよね。
技術以上に状況判断力と精神力が必要でしょうか。

こちらが波に乗ったときは②ですね。
とにかくチャンスはリズムに乗ってテンポよく攻めないと。
ただ、攻める球質が大事かしら。
うちのコーチは、決め球でも荒っぽい打つのではなく、球質とコースを重視させます。
スマッシュは手前にビシッ!と打ち込むのではなく、できるだけコートの深いところにしっかりと打つようにと。
ボレーもバンバン打つのではなく、回転をかけて柔らかくコントロールした球を送ってチャンボ上げさせる。

ワタシは前衛なので②に走りがちです。
①ができるよう日々精進中です。(^^;)
2010-03-07 日 09:41:00 | URL | 和 [編集]
テニス初心者がテニスの面白さにはまる!
丸坊主さんの記事も良かったですが徹さん、てにままさん、和さんのコメントもとても勉強になりました(*^-^*)また、みなさんのコメントから勉強させてもらいたいと思います。ありがとうございました( ^-^)
2010-03-07 日 19:20:29 | URL | みき [編集]
*徹さま

>こればっかりは、向き不向きの問題

そうですよねぇ。
②から強くなる道も
きっとありますよねぇ。

それをうまく伝えられれば
いいんですが。


*てにままさま

完全縦割りのダブルスも
かなりハードそうですねぇ。

女ダブでは割とポピュラーなのでしょうか?

こういった話は
自分と重なる部分も違う部分も
両方楽しめて
いいですよねぇ。


*和さま

状況に応じて使い分けられるのが
一番ですよねぇ。

でも元々の素質は
どちらかに分類できそうな気がしています。

ちなみに
私は自他共に認める①です。


*みきさま

そうですね。
私もみなさんのコメントが勉強になりました。

こういった話題で
みなさんとやり取りするのも
いいなぁと思ったりしました。
2010-03-08 月 21:21:08 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。