■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
大きな1勝と1敗
団体戦  に行ってきました。

それぞれの都合により
我がチームに不参加メンバーが数名出て
人数がギリギリ  になったため
シングルスとダブルス両方に出させていただきました。

結果は

シングルス1勝!

ダブルス1敗…。

チームとしては負けて  しまいました。


もちろん残念なんですが
今回のシングルスは自分にとって
大きい1勝になりました。
 ( 自分が勝てばいいのかい)



シングルスは8ゲームマッチだったんですが
9-7で勝利!

相手はボレーとフォアの強打が武器で
特にネットでの決定力が高い選手でした。

最初に2ゲーム連取されましたが
取り返した後
ずーっと3-3/3-4/4-4・・・
とキープ合戦が続いて
いい所でブレークして7-6になったんですが
押し返されて7-7。
でもそこから連取して
9-7で勝ちきりました。


ながーい試合でしたが不思議と
粘った
とか
ガマンした
とか
そういう感じはしませんでした。

自分の冷静さを保つ努力はしましたけど。

試合の割合早い段階で
ゲームに対するプランがはっきり作れたので
流れだけ見ると苦しい展開でも
そうは感じなかったんだと考えています。
 (チームメイトは「見てて苦しかった」って言ってましたが)


やるべきことがはっきりしていると
キツめの場面でも
自信を持ってプレーできるんだなぁと
実感することができました。



基本的に自分のシングルスは
厳しい球はつなぎ
甘い球は叩くかコースを突いて前へ!
というシンプルなものなんですが
相手がフォアの豪打とネットでポイントを取る選手だったので
オプションとして

相手のファーストサーブはまず返す。
次の球は頑張って拾う。
キレイに決められたら諦める。
セカンドサーブは
ぐーっと前に出て1グリップでリターン
(相手の時間を奪う)

ぐーっとフォアを開けて叩く。

ことを意識しました。


試合を通してなかなかブレークできなかったんですが
ずーっと続けたことで
それなりにプレッシャーになっていたようです。

試合の後半になるほどに
セカンドサーブを打ちにくそうにしていたし
ダボも出るようになったので
ボディーブローのように効いていたのだろうと
勝手に解釈しています。



それはよかったんですが
冷静にプランを実行するため
自分の内面をコントロールする努力は
かなりの負荷になりました。

マッチポイントは
アドサイドからファーストサーブをセンターに打ち
相手のリターンが大きくオーバーして終わったんですが
その軌道を見ながら
自然にガッツポーズが出てしまいました。

普段はそんなことしないのに。

長い試合を通して
ずーっと抑えてきたものが
するっと出てしまった。
そんな感じでした。



さらに恥ずかしいことに
次のダブルスまでいくらか時間があって
準備をしながら試合を振り返っていたら
急に涙が出てきました。

勝っても負けても
試合の後に泣くなんて
学生時代にもなかったのに。

もちろん勝ったことがうれしかったんですが
応援してくれたチームメイトはもちろん
これまでのテニス仲間のこととか
いろいろ思い出してしまいました。

そういう「つながり」みたいなものの実感が
急に上から降ってきたような
不思議なひと時でした。

人気blogランキングへ こっぴどく負けたダブルスには一切触れていませんが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 22:26:10 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
試合の最中、
こらえて、辛抱して、我慢して、、、
終わった途端に涙!

てにままも一度、経験あります。
(負けて泣いたのではなく、勝って泣いたことね)

そのときは、その試合の後に入院・手術を控えていたので
 「ひょっとして、この優勝で、テニス人生を終えるのか?」
そういう嫌な予感もあったものだから。。。

結局、鉄人のように復帰しましたけれど(爆)

シングルスの8ゲームプロセットはきついですね!
女性は6ゲームが精一杯でしょう(^_^;)

最後になってしまいましたが、
シングルスの一勝おめでとうございます。
2010-04-12 月 23:10:01 | URL | てにまま [編集]
やりましたね!
丸坊主さんがステップアップ出来るきっかけになるような勝負だったのですね。
なかなかそこまで際どい勝負で、しかも団体戦で勝てる経験というのは
積めないモノです・・・
さて、次回もチームのみんなの期待を裏切らないように!
・・・と、プレッシャーをかけてみるw
2010-04-14 水 01:16:32 | URL | 徹 [編集]
そのシングルスはいままでの集大成ともいえるものだったのでは?
試合後の不思議な感情といい、ワンランクアップの予感がしますね。

いつかわたしもそんな試合ができるようになりたいなぁ!
お疲れ様です。そして、おめでとうございます!(^^)
2010-04-16 金 22:15:21 | URL | 和 [編集]
うわーー
貴重な経験をされたのですね。
おめでとうございます!

私はまだまだ、そんな域には達しておりませんが
いつかそんなふうに、熱さとクリアな静けさが同居しているような
そんな景色を見てみたいものです・・
がーんばろーーっと。
2010-04-20 火 19:05:50 | URL | BOOH [編集]
*てにままさま

>てにままも一度、経験あります

人生がかかっているので重みが違いますね・・・。

ちなみにこの時
「これで一ランクアップしたぞ!」
と思っていたのですが
そんなに簡単に変わるはずもなく
シングルスの難しさに七転八倒しています。

それだけ奥が深いってことなんでしょうけど(笑)


*徹さま

ありがとうございます。
でも、そう簡単にはステップアップできないようです。
だからこそ楽しいと思えるのかもしれませんが・・・。


*和さま

試合後のアノ感情はホントに初めてで
不思議でした。

いいテニス仲間に恵まれたってことでしょうか。


*BOOHさま

確かに貴重な経験でした。
あれから数ヶ月経ちましたが
主要な所は今でもクリアに覚えています。

だから次も・・・
といってないのは言うまでもありませんが(笑)
2010-08-22 日 12:04:46 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad