■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アレルヤ
久々ですが、小説  の話など。


桜井鈴茂さんの作品です。
かなりマイナーですが (たぶん)
私は大好きです。


最初から最後まで
主人公の一人語りで進んでいくのですが
この形式はまるで「ライ麦…」です。

でも「ライ麦…」よりずっと今日的で
 (あっちは半世紀くらい前の海外作品だから当たり前ですけど)
なんというか
もっとフィジカルな衝撃を受けます。

主人公から (作者から)
励ましの (怒りの?) グーパンチ  を
胸の真ん中に受けたような
そんな読後感でした。





たった今、自分が人生の
『ヘリ』
に立っていることに気づいてしまった主人公が
そこから抜け出すべく足掻いていくという
暗め  なテーマではありますが
悲壮感は全くなく
 (ちょっとはあるのかな?)
ある意味ポジティブで
やけっぱちな空元気とも見える姿勢で
あまり適切ではない  と思えるルートを
前のめりにぐんぐん進んで行きます。

その姿は爽快ですらあります。


あまり細かな内容を書いても仕方ないので
気になったら読んでみてください。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 19:39:09 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
ふむふむ
さっそく私の
「気になる本」リストに追加しました!
丸坊主さんの文章は、テニスといい本といい
そそりますよね~~

最近DVD漬けの日々で(汗)本を読む時間が激減。いかんいかん。
でも今夜は全米の決勝、観るぞーー!
フェデラー負けちゃって残念です。
ムスコはジョコのウェアに釘づけでした。笑
2010-09-12 日 14:39:25 | URL | BOOH [編集]
amazonでレビューを読みました^^

『これが売れないこの国って・・・』
皆さん絶賛でしたね!

かなりソソラレましたよ(^_-)
2010-09-13 月 23:48:06 | URL | てにまま [編集]
*BOOHさま・てにままさま

一人語りの形式に読みにくさを感じるかもしれませんが
それさえクリアできれば
楽しく読める小説だと思います。

「桜井鈴茂さん」
と、以前取り上げた
「さとうさくらさん」
は、ホントに素敵だと思っています。

よかった読んでみてください。
2010-10-09 土 11:42:49 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。