■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テニスメモ
お久しぶりです。


とある有名コーチから
「社会人テニスフリークはオーバースペックのラケットを選びすぎる」
と言われ
またまたラケットを変えて  しまった
ダメな丸坊主です。

ちなみに今は
プリンスのEXO3レベル105
を使って  います。


それはさておき
個人としては区民大会の申し込みを忘れ 
団体としては所属チームの昇格が決まり 
もう主だった試合はありません。

このままだとネタもなくブログも放置になってしまいそうなので
そもそもの趣旨に立ち返り
立派なオールラウンダーになるためのテニス日記として
記事を書いていこうと思います。
 (注:なのでいつも以上に個人的な内容になってしまいます)



という訳で、今日のテニスメモ
フォアのテイクバックは右ヒジを体の前に残して、左肩を寄せる
サーブのテイクバックは左肩を高く上げて、右ヒジは下げないようにセットする

①ちょっと気を許すとすぐ崩れるフォアハンドですが
私の場合、強く打とうとしすぎて
テイクバック時に右ヒジをかなり背中側まで引いてしまう傾向があります。
返ってそのことがスイングのブレーキになってしまっています。
さらに左肩の入れが甘いのでラケットの出所がわかりやすく
コースが読まれやすくなってしまう。
なので、右ヒジは体の前に置くイメージで
その右ヒジに左肩を寄せて(左肩を入れて)
スムーズにスイングできるように矯正しています。

②ちょっと気を許すと大きな波ができてしまうサーブですが
テイクバック時に右ヒジの位置が低くなる傾向があります。
肩甲骨自体の柔らかさはまあまあですが
長年のクセなのか、どうやっても右ヒジを高くセットできないのです。
なので、左肩を上げて上体を傾けて、右ヒジをいつもの位置にセットして
結果として右ヒジを高くセットしたのと同じになるように矯正しています。


クセは人それぞれなので万人に当てはまる訳ではありません。
個人的なテニスメモだと思っていただければと思います。

人気blogランキングへ またまた久々ですが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 18:45:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おひさし!
ラケットは、初中級クラス用ラケットの方がパワーがあって好きですw
目(動体視力)が悪いので、スイートスポットは大きい方が好きw

②サーブ
左手を打つ直前まで上げておく。
いわゆるトロフィーポーズ。
これを意識しとくと、本人は普通に打ってるだけなのに、
それなりに威力があるらしく、リターンが返ってくる率が
格段に落ちました♪
2010-11-17 水 23:19:07 | URL | 徹 [編集]
*徹さま

試合に出ると
「やっぱりサーブって大事だな」
ということを改めて感じます。
当たり前のことなんですが。

この冬もサービス強化期間として
いろいろ試そうと思っています。

うまくいくといいなぁ。
2010-11-28 日 14:37:16 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad