■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
市民大会
昨年引っ越しをしまして
新しい居住地の市民大会  に出場してしまいました。

今回はダブルスです。

ここの大会はえらくでかくて
予選通過には5回勝たないといけなくて
本戦に入っても4回勝たないと優勝できないという
ものすごい  ドロー数の大会です。

ちなみにウチの近辺では
本戦に行ったというだけで
『マジでー!』
と驚かれ、尊敬を受けることができます。


我々は今回が初出場でしたが
本戦を目標にがんばるつもりでした。

…が結果は二回戦敗退 

無念です。


初戦は緊張ややりにくさを感じつつも
8‐1で圧勝 

いい形で二回戦に進めました。


そんな二回戦ですが
ペアさんサーブがブレークされ  0‐1
相手Ⅰ(左利き)サーブをキープされ  0‐2
丸坊主サーブをキープして  1‐2
相手Ⅱ(右利き)サーブをキープされ  1‐3
ペアさんサーブがブレークされ  1‐4
相手サーブをⅠキープされ  1‐5
丸坊主サーブをキープして  2‐5
相手Ⅱサーブをブレークして  3‐5
ペアさんサーブがブレークされ  3‐6
相手Ⅰサーブをブレークして  4‐6
丸坊主サーブをキープして  5‐6
相手Ⅱサーブをキープされ  5‐7
ペアさんサーブをキープして  6‐7
相手Ⅰサーブをキープされ  6‐8
で終了しました 


試合後に対戦相手に聞いたところ
ペアさんサーブは自分の一番打ちやすい所に来たけど
その時の前衛 (丸坊主  ) の圧力がないから
余計にノビノビとリターンができた
とアドバイスをもらいました。

確かにペアさんのサーブは普段より力が乗らず
調子が悪そうでした。
でもそれをカバーする動きが私になかった 


ペアさんは
自分のサーブが悪かったのはもちろんだけど
得意なはずのファーストボレーがひどすぎた
と反省していましたが
そのファーストボレーの負担を大きくしたのは
私の前衛だった訳です。

今でもはっきり覚えている一番最初のポイント。

最初だからポーチを狙っちゃおうかな  と考え
少し動けばちょうどいい所にリターンが来たのに
全く足が動きません  でした。

時々は決めたけど
試合を通して見るとポーチを狙う動きはホントに少なかった。


相手のフォアサイドの方は
アングルへのリターンがうまかったんですが
私のセンターを抑える動きが乏しい  から
ペアさんはセンターに意識を配分しなければならなくなった。
そこにいいアングルも来るもんだから
精神的な負担感はかなりのものになったはずです。

いくらファーストボレーが得意といっても
これではハンデがありすぎです。

そしてそのハンデは私が作ってしまった  訳です。


二人で行うダブルスだから当然と言えば当然なんですが
こちらのサービスキープも相手サーブのブレークも
責任は二人とも50%50%なんだなーと
改めて痛感した試合でした。


幸いこれに懲りずに
ペアさんはまた組んでくれると言ってくれたので
なんとか課題をクリアしようと
練習の時から取り組んでいるところです。

人気blogランキングへ この課題は今にはじまったことではないんですが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 22:23:24 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
6-8だなんて、めちゃくちゃ惜しかったですねぇ!
丸坊主さんは全てサービスキープだったんだし^_^;

前衛の役割って、本当に大切!
だからこそ難しい。

てにまま、今のペアさんとは完全縦割りをしているものだから
たまに、団体戦などで雁行好きの人と組むと
前衛としての役割が全くできていないことを痛感します(-_-;)

次の試合に向けて、いい反省点が見つかったと
ポジティブに考えましょうねww

2011-04-10 日 00:44:57 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

実はこの結果
むちゃくちゃ悔しくて
今、ダブルスに燃えています。

でも春の団体戦は
震災の影響で中止になってしまったので
次の試合は夏の市民大会になります。

…シングルスですけど。

何か適当な大会を見つけて
ペアさんと出てみたいこころです。
2011-04-11 月 22:20:06 | URL | 丸坊主 [編集]
ダブルス
先日、和歌山遠征時(昔のサークルに参加)
サークル内のダブルスで、延々とペアさん(初対面の方)に、
サーブが相手のフォアサイドの打ちごろポイントに入ることを責められました。。。
もの凄いプレッシャーなのですが・・・なかなか、相手のバックサイドに入らない・・・
それでも、途中から全部のサーブが相手のバックサイドに入りだしたら、
あっさりサービスキープ!
自分が前衛に居ると考えると、サーブは相手のバックサイドに入った方が、
絶対に動きやすいんですよね!
2011-04-11 月 23:29:00 | URL | 徹 [編集]
*徹さま

知り合いならまだしも
初対面で言われるとかなりのプレッシャーですよね。
時々います。そういう方。

確かにフォア側に打たれると
ストレートがあると思ってしまって
前衛は動きにくいですね。
 (デュースサイドの場合)

この試合でもそうだったんですが
ペアさんのサーブが不調だったので
少しでもフォローする動きをしなくてはいけなかったと
反省しているところです。

でも動きすぎると
簡単に抜かれてしまったりして…。

難しいものです。
2011-04-14 木 10:08:20 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。