■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サーブ
ずっと改良にとりくんでいるサーブですが
最近になって
ちょっとコツを掴んだ  というか
ひとつ階段を上れた  気がしてます。

自分用のメモだから
「なんのこっちゃ  」
と思われるでしょうが
言葉で表現するとこんな感じの動きが
ようやく体に染み込んできたのだと考えています。


・テイクバックで上体をひねる
・横からボールを見る
・相手側ではなく、外側に振る
 (自分から見て右→左ではなく、正面の方向へ)
・左手と左腰でブロックする
・打点に目を残す


日によって調子に波があるのは
いつものことなんですが
最近は調子の悪い日でも悪いなりに
そこそこの球質  を維持できるように
なった気がしてます。

なのでサーブを打つのが楽しく  なってきて
楽しいと調子も上向きになる。
そんないい循環が起きています。

一日15分でもいいから
サーブの打ちっ放しができたらいいなぁ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


テニス・技術面 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
サーブ
サーブはむしろ得意なのですが・・・
最近は、肩が痛くて痛くてv-406

以前は、それなりに速いサーブを打っていましたが、
相手のレベルが上がってくると、速いサーブには、
速いリターンが当たり前のように返ってくるという。。。

そんな訳で、最近はコントロール重視です。
2011-04-18 月 23:01:09 | URL | 徹 [編集]
*徹さま

今まで自分はサーブが苦手だと思っていたので
サーブのレベルが上がったことがうれしくて
今は練習が楽しいです。

で、調子に乗って力任せの打ち方になると
すぐ肩が痛くなります。

自分の中でバランスを取るのが難しいですねー。
2011-05-15 日 13:14:50 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。