■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
割り切れない出来事
久しぶりですが、いきなりこんな質問を。


あなたは職員として
利用者さんを連れて公園に散歩に行きました。
公園では幼い子どもたちがたくさん遊んでいて
子どもが大好きな一人の利用者さんは
その子どもを触ったり撫でたりして
かわいがりたいと思って近寄ろうとします。

この利用者さんは重度の知的障害を抱え
言葉を持たず
嬉しい時は高音で奇声を上げます。
言葉での説明は理解を得ないことが多く
自分のやりたいことを止められると
激しく自分を傷つけることがあります。


こんなとき、あなたならどうしますか?


似たような出来事がウチの職場で起こりました。

この時は勘案すべき事情が他にもいろいろあったのですが
ウチの職員はこの方と一緒に
子どもをあやしに行ったそうです。

子どもを怖がらせないように自分が間に入り
この方の希望も叶える
そういう選択をした。

結果から言うと
この子は驚いて泣きだしてしまい
この子のお母さんからクレームをいただくことになりました。


結果を知ってから言うのはルール違反ですが
私だったらこの方を子どもに近寄らないように関わります。
で、この方が荒れたら荒れたで
その対応をします。


先に結果を出しているので
一見私が正しそうにも見えますが
そう簡単に結論づけられる話ではありません。

福祉人としては
間に入ろうとした同僚のほうが正しい
そういう言い方をされても
納得してしまいそうです。

例えば
間に入る際のバランスが少し間違っていたけど
あなたの判断自体は間違ってはなかった…
みたいな言い方で。

もちろん私にしても
そういう選択だって十分ありうるという
迷いというか
自分に対する疑いというか
そういう何かは常に持っています。



私がグループホームで働いていたときのこと。

体の大きい男性利用者さん同士のケンカがあり
その場に遭遇してしまいました。
殴る・蹴るだけではすまず
噛む・ひっかくなどエスカレートし
どこに隠し持っていたのか
一方が木刀を持ち出す始末。


一人でこの場に遭遇し
ただ止めるだけではどうにもできないと判断した
当時の私の選択は

①近くのカベを思い切り蹴り飛ばし
②両者を激しく一喝して
③有無を言わせずに部屋に戻す

というものでした。

落ち着いてもらってから
それぞれに話を聞きに行きましたが
後の対処はともかく
この時の私の選択は正しかったと言えるでしょうか?


聞くまでもなく×
大× です。


他にとる手段はなかったのだと
言い訳することはできます。
私、こう見えてもそこそこ弁は立つので
たぶん7~8割の方を納得させる自信もあります。

それでもダメなら
『じゃあ、他にどうすればよかったんですか?』
と逆に質問をして
形勢を逆転させることだって (たぶん) できる。

でも×が×であることに変わりはないのです。


だいたい
相手がヒクくらい一喝しておいて
後で話を聞きに行ったって
言いたいことなんて言えるはずがない。


自分の行動は正しくなかった。
でも他にどうすればいいかわからないし
その場のその瞬間で決断しなければならない。

答えがない仕事
なんてきれいにまとめられることが多いですが
我々の仕事は日常的にそういう事が起こります。

程度の違いはあれ
他の仕事でも同じ事が言えるのかもしれませんが。



ただひとつだけ自己弁護的なことを言わせてもらえば
私は
『だから仕方なかったんだ』
とは絶対に思いません。

私に限らず
この業界に携わる
ほとんどの職員が同じだと思います。


もう少し正直に言えば
『だから仕方なかったんだ』
と考えて
自分の中で解決済みの箱にしまいたい。
気づかないうちにそうしていることだって
きっとあるのでしょう。

それでもその誘惑に抵抗して
他にどうすればいいのかわからないけど
この時の自分の選択は正しくなかった
という中途半端さや割り切れなさを
そのまま保持する。
保持しようと努力する。

保持するから
それは時間が経つにつれ
澱のように自分の中に積もっていく。



私の知る限りですが
この仕事に携わる人の多くが
尊い仕事をしている
とか
素晴らしい仕事をしている
という評価のされかたを嫌うのは
こういう事情があるからだと考えています。


本来は利用されている方々を支援する立場なんですが
そういった割り切れない経験を通して
成長させてもらっている。
モノゴトに対する見方を深化させてもらっている。
 (単に素直にモノゴトを見れなくなっただけかも…)

多かれ少なかれ
そういう疚しさのような感情を
抱いているからではないでしょうか。

人気blogランキングへ だから何?っていう話ですが、割り切れなかったので書いてしまいました。
よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 22:49:46 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
苦悩がヒシヒシと伝わります。

実はてにままの親戚にもダウンの子(既に30代ですが)がいます。
彼はとっても穏やかな性格で、助かっていますが、、、
長らくDニーズで皿洗いの仕事をしていました。
その店が閉店となり再就職・・・同じ皿洗いの仕事は嫌だと言ってます。

本人以上に、周りの接し方が難しいですね?!
たまに会うだけの私と違って、
毎日お世話している方々の苦悩を知りました。

パニクっている我が子に対してなら

>①近くのカベを思い切り蹴り飛ばし
 ②両者を激しく一喝して
 ③有無を言わせずに部屋に戻す

その選択肢を使う(使った)と思えます。
我が子に対してと利用者さんに対してと、
接し方は違うのでしょうか?

利用者さんを身内同然と感じていらっしゃる丸坊主さんの行動に
間違いはなかったと!思いますよ^^

信じて、今まで通りの道を進んでくださいませm(__)m


2011-05-20 金 01:21:25 | URL | てにまま [編集]
幼児教育科出身なので、保母免許とるのに施設実習やそれなりの勉強もしました。
その時にやっぱり同じようなジレンマを感じたことがあります。
知的障害を持った方を相手にする人には避けて通れない問題ですね。
申し訳ないけど、やっぱり正しい答えってないんじゃないかと思います。

その時の自分の器量でできる範囲のことをするしかないんでしょうかね。

結果のよしあしより、今できる精一杯のことをできるかできないか。
それにつきるかと思います。
そのあと、結果に応じてフォローしていけばいいんじゃないかな。

なんて、素人だけどちょっと人生経験長い分偉そうに言っちゃいました。
(^^;)
2011-05-20 金 19:36:16 | URL | 和 [編集]
*てにままさま・和さま

こんな記事にコメントをいただき
ありがとうございました。

誰かに話しても仕方ないことなんですが
何らかの形で表現しないことには
どうにもモヤモヤしてしまう。
そんなことが少なくない仕事だと思っています。

もちろん他の仕事でも
同じようなことはあるのでしょうけど。

一番怖いのは「自己正当化」だと思っています。
「こうするしかなかったから、これでいいんだ!」
と自分の中で処理してしまうと
そこで全てが止まってしまうような
そんな気がするのです。
2011-05-24 火 22:22:12 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad