■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
『虐殺器官』と『9.11』
『虐殺器官』
は伊藤計劃さんの小説です。

私は知らなかったんですが
超有名な作品みたいです。
知っている方も多いんでしょうね。

すでにたくさんの方々が賞賛を送っています。
もはや私ごときが付け加えることなどないので
興味を持たれたら読んでみてください。

少しだけグロい部分がありますが
そういうのがダメな私が読めたくらいですから
ほとんどの方が問題なく読めると思います。

続編とも言える
『ハーモニー』
も素敵です。

どちらも、一見荒唐無稽な設定なのに
とてつもなくリアリティーがあって
最後には現実と物語世界が私の中で
同じくらいのウエイトを占めるようになります。


その後で読むとすんなり入る本が
『9.11』

有名な言語学者チョムスキーが書いたもの
というか、彼のインタビュー集になってます。

かつてはボンクラながらも (福祉) 心理科に所属していた訳で
チョムスキーが有名な言語学者なのは知っています。
 (何をしたのかは知らないケド  )

そんな学者先生のモノとは思えないほど
その発言は政治的です。

副題に
『アメリカに報復する資格はない!』
なんて付けているくらいですから。

あまりに政治的すぎるので
人に勧めるのはどうかとも思うのですが
『虐殺器官』 (と『ハーモニー』)
を読んだことで
『世界の見方が変わる』
という小説体験をし
それを小説体験に終わらせず
現実世界に結びつけてくれる
大変力のある本です。

最近のビックニュースにも関わりますし
時事的な意味でも押さえておいて損はないかと。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad