■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
MAX400i PRO
腰痛のためお休みしているスクールですが
私のクラスだけ変則的で
中級・上級を混ぜた中上級クラスとして
2面進行でやってます。

スクールレベルの中級と上級なんで
レベルのバラつきが大きく
正直、のびのびプレーできる環境ではありません。

平日はそのコマでしかスクールに行けないので
『平日に一回球に触れればいいや』
という考えで通っていました。


…お恥ずかしい


自分のメンタルのダメな部分というか
テニスに取り組むスタンスの甘さが浮き彫りになっています。


いったいどんだけ上目線なんだろう。

テニスマスターT氏の視点から見れば
大した違いもないだろうに。


こんな気持ちで通っているので
真剣さに欠けるというか
流しているというか
特に最近はそんな感じになっていました。


こんなんでテニスマスターT氏のような
素敵なテニスプレーヤーになれるはずがないので
道具に頼ることにしました。
 (そのスタンスがどうなのかと言われますと…  )


球に集中して
真剣にプレーしないとネットさえ越せない
そんな道具


ダンロップ MAX400i PRO
 (ホントは200Gがよかったんだけど…)

SL3で元グリップをレザーに替え
総重量は365gになりました。



だいぶ前になりますが
一時期借りて使っていたことがあります。
 (一ヶ月もしないうちに返しました)

私レベルの感想を言えば
柔らかい打球感とかいう以前に

全然飛ばない 

腹が立つくらい。


リンク先にもある
WOOD TENNIS さん
が書いているように
腰で打てないといけないんでしょうね。


今回まあまあの程度のモノが手に入ったので
久々にオートテニスで打ってみたのですが
まあ飛ばない。

飛ぶ飛ばない以前に当たらない 


きちんと捉えると
『ずっしりもっちり』
と表現したくなるような
素敵な球がいってくれます。

そういう時の球が
現代のラケットよりもいい球に思えてしまうのは
気のせいでしょうか。



スクール限定ですが
しばらくはコレで練習するつもりです。

コレを使っているかぎり
流してプレーなんてできませんし
道具の進化に助けてもらっている
勘違いな自分をイヤでも自覚するでしょう。

ついでに不調続きのフォアを改善できたらいいのですが。
どうなることやら。


スクールにはいつから復帰しようかなー。

人気blogランキングへ テニスで腰を痛めたら今度こそクビが飛ぶかもしれませんが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 20:42:11 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
私も400は持っているのですが、200Gに比べると飛びません。ガットは40以下で張った方がいいと思います。

打ち方については、横や下を見て打たずに、前を見て打つとボールが生きてくると思います。

捕らえ方は、ラケットをスウィングする感覚よりは、ボールの内側に手のひらが返るような感覚でインパクトしたほうがいいと思います。

そういう昔のラケット使って、上記のような打ち方にすると「古い」なんて周りから揶揄されるかもしれませんが、負けずに頑張ってください(笑)
2011-07-21 木 17:53:40 | URL | kobans1978 [編集]
上から目線!
自分では絶対的に上だ!
と、思っていても、ゲームになると案外大した差が無かったり・・・

まぁ、環境的には、自分が劣っていることを、
思い知らせてくれるくらいのところの方が、
絶対にイイと思いますよ☆
2011-07-24 日 00:24:12 | URL | 徹 [編集]
*kobans1978さま

WOOD TENNISの愛読者なら
ここでウッドラケットを手にするべきなんでしょうが
さすがにそこまではできない
ヘタレな私です。
 (使ったことはあるのですが、全く飛ばない…)

結局ストリングは30Pにしました。
意外にユルすぎとは感じず
普通に使えてしまっています。

フォアハンドの体の使い方ですが
WOODS TENNISの記事を思い出して
修行しています。

打ちやすい球に限定すれば
そこそこできつつあるように感じています。

そういう時の球が
最近のラケットでの球よりも
勢いがあるように感じてしまうのは
気のせいでしょうか。


*徹さま

>環境的には、自分が劣っていることを、
思い知らせてくれるくらいのところの方が

ハイレベルの方々が集まった練習環境のほうが
楽しいだろうなぁとは思います。
とりあえず週末のサークルは男だらけのいい感じなので
そうでない場所でいかに課題を持って取り組むか
自分を試してみようと思っています。
2011-07-24 日 20:48:22 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad