■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
X‐BLADE zero MP  ブリヂストン
いろいろ経緯を書き連ねても
言い訳にしかならないので
いつもの病気が再発してしまったと
認めることにします。
 (  他にどんな理由がある?)

レベル95と105の中間くらいで
しなるラケットがあったらいいのになぁ…
って思ってたら
天から降って  きたんです。
 (そんな訳はない  )


ブリヂストンのニューラケット
X‐BLADEシリーズの前モデル
早い話が『型落ち』です。

X‐BLADE zero MP
フェイス:99平方インチ
ウェイト:323g (総重量は343g)
バランス:313㎝
パターン:M16×C19

グリップ3に、パワジーを48Pで張りました。


レベル95・レベル105・MAX400i
と比べるという
かなりニッチなインプレになりますが…。



当然と言えば当然ですが
フレームの硬さは
105 > 95 > zero > 400i
となります。

個人的には105と95の差よりも
95とzeroの差のほうが大きいと感じました。

105は『割と硬い』
95は『硬いと言うよりしっかりしてる』
と感じていて
その二つより差が大きいと感じたので
個人的には『結構柔らかい』
のではないかと思ってます。
 (ちなみに400iは『すごく  柔らかい』)


その柔らかさのおかげか
ストロークで低めの球を上から叩きにいっても
いい具合に持ち上げてくれて
高めの球を叩くときには
面の伏せを意識しないとフカしてしまいます。
 (私の技量に対するご意見は一切受け付けません  )


飛びすぎる怖さはないけれど
弾きはいいように感じます。
スイートエリアはそこまで広くなく
95のサイドオープンと同じくらいかちょっと狭く
フルクローズより少し広いくらいかなぁと感じました。

スイートエリアよりもしなりに差があるので
レベル:しっかり弾く
zero:しなって弾く
という打球感の違いが大きいと思います。

zeroはスイートエリアを外しても
ボレー以外だったら
重量としなりで持っていけるので
その時の感じは400iに似ているかもしれません。


私個人の意見ですが
しっかりフレームでの弾き具合を
細かいストリングパターンで調整している95と
しなりによるパワーロスを
フェイスサイズやしならせ具合で調整しているzeroは
入り口こそ違うものの
ターゲットにしているプレーヤー (の技量) はほとんど重なり
あとはそれぞれの『好み』の問題なのかと
インプレを書きながら思ったりしました。
 (インプレで『好み』を言い出したら元も子もない  のですが…)


実は私の95は
サイドオープンなクセに超ゆるストリング (35P) で
フェイス回りにまあまあ鉛を貼っています。
ノーマルだと少し面ブレが気になって…。
 (私の技量に対するご意見は一切受け付けません  )

だから純粋な比較にはならないのですが
打球感を除いた『使い心地』は
zeroと近いように感じています。

自分にどちらが向いているのか
まだ判断しきれないでいます。


そうそう、ひとつだけ注意が 

ブリヂストンのグリップ3は
プリンス・ダンロップの3より
若干、だけどはっきりわかるくらい
太いです。

かといって3だった方が2を選んで
ちょうどいいかと聞かれると
自信はないのですが…。

人気blogランキングへ この病気はこれで最後にします…っていつも言ってますが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ラケット関係 | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
なるほど・・・
買い替えは不要でですな(w)
2011-08-29 月 23:08:34 | URL | だんゆ [編集]
zeroとレベル
*だんゆさま

打球感こそ全くの別物ですが
それ以外の性能的なものは
割と重なっていると、私は感じました。

練習に400iを使っているので
レベルよりはzeroのほうが
柔らかラケットということでしっくりくる感じがしますが。

zeroの
「飛びは抑え目だけど弾かないわけではない」
というのと
レベルの
「わりと弾くけど目の細かさで飛びを抑えている」
(丸坊主セッティングの場合)
『≒』なのではないかと感じています。
私はストリングを緩く張っているので
ストリングのたわみは大き目になっていますが。

なので、この二つから選ぶとしたら単純に
『打球感の好み次第』
と結論づけてみます。
(注:あくまでも私個人の感想です)
2011-08-30 火 07:09:14 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。