■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
邪悪なものの鎮め方
なぜそういうことが起こりえるのか
いまだにわからないのですが
この本を読んで
少し理解に近づいた気がしています。

内田樹著
『邪悪なものの鎮め方』

ここに
『何かしないと災厄が訪れるが、何をしたらいいかわからない状況』
を生き抜くヒントとして

①礼儀正しさ
②身体感覚
③オープンマインド

の3点が大事だと書かれていました。
その中で特に②
『身体感覚』に惹かれました。



活動中でものんびりしている時間でもいいんですが
利用者のみなさんと過ごしているときに
『今自分が席を外すと何か起きそうな気がする』
『この利用者を一人で行かせると何か起こりそうな気がする』
というような『何か』を感じることがあります。

カンと言ってしまえばそれまでですが
今までたくさんの時間を共有してきて
気づかぬうちに細かくて膨大なデータを積み重ねている訳です。

そこから
『何かが起きそう』
という感覚が降りてきたとしても
不思議ではないというか
そういうこともありえるだろうなと思います。

私がこだわっている対人支援の技術とか力量とか
センスとか言われるモノを考える上で
大きなヒントになるだろうと感じています。

(次回に続きます)
人気blogランキングへ ぼんやりした話が数回続きますが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 11:50:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>というような『何か』を感じることがあります。

いやな予感、虫の知らせ、第六感、、、、
いろいろな表現がありますけれど、
それとも違う、データからくる確率の高さなんでしょうね。

てにままは、嫌な予感の通りトツボに嵌りがちww
だんな様はラッキーに切り抜けられる人です。
この差は『運』の強さからくるものみたいヾ(´∀`o)+
2011-11-19 土 23:26:55 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

この本に
「ライオンと出会って逃げ切る走力を身につけるよりは
数キロ手前で『なんか、あっちのほうに行くといやなことがありそうな気がする
というざわざわ感を感知する能力を身につけるほうがずっと効果的」
という文章があります。

このざわざわ感をどう生かすかは
また違った問題になってくるんでしょうが(笑)

ちなみに私もドツボ派です。
2011-11-25 金 15:53:30 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。