■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガラにもないんですが
『自分はできる』
から
『同僚にもできるようになってもらう』
という方向にシフトしなきゃと
思うようになりました。
 (言うほど自分ができる訳じゃないんですケド)


どう書いても見る人が見たらわかってしまいそうなので
詳しい説明は控えますが…。

『困ったりわからなくなったらいつでも相談にのるから』
と言ってある以上
連絡が来ないなら担当者に任せるしかない
と放っておいた仕事がありまして
行事の当日にフタを開けてみたら
まー、えらいことになっていた訳です。

担当なんだから最後まで自力でやろう
という責任感だったのかもしれませんが
あまりの準備のズサンさに
どこから突っ込みを入れたらいいのかと
気が遠くなりました。

イライラメーターが振り切れそうになりながらも
『こりゃマズい』
と気づいた有志数名で
なんとかその場を乗り切り
キズは最小限で抑えました。


そして悟ったのです。


便り (=報告) がないのは悪い便り


一般的に言いまして
スキルの低い人ほど
経過報告や相談が苦手なことが多い。
 (スキルとは何か?という定義はチト置いておいて)

であるなら
任せてある仕事で連絡や相談がない場合は
こちらから出向いたり連絡を取って
経過の説明を求める必要があった。
 (言うまでもなく当たり前でしたな)


『何も言ってこない以上、担当に任せる』

と言うとすごくきれいな話みたいですが
心の中を探ってみれば
『口うるさい人だと思われたくない』
とか
『わざわざ自分から面倒を増やすこともない』
とか
そういう自己保身が見え隠れしている訳です。

今回のバタバタは
そういう私の考えが招いた
100%、とまでは言わないけど
85%くらいは私のせいで起こったのだと
納得したのです。


そういえば
かねてより歴代の上司たちから
『自分ができたってしょうがないでしょ』
とか
『仕事を振ることを覚えろ』
とか
いろいろ言われていまして
その都度
『自分がやるだけで精一杯です。
人に教える余裕なんかありません』
と反論していたのです。


間違っていました。


私自身が怒られたりするのは
正直慣れっこなのでどうでもいいのですが
先方や利用者にご迷惑をかけそうになった以上
変わらない訳にはいきません。

そんな中
人事考課の面談がありまして
不満でしかないリーダー業務についてブツブツ文句を言いましたら
『イヤだイヤだと言ってばかりいないで
どうしたらイヤでなくなるか考えましょうよ』
とたしなめられてしまいました。

なんだか繋がってるなー
なんて感じて
ガラにもなく
やらなきゃしょうがないかなぁ
なんて思ったりしたのです。

人気blogランキングへ 仕事関係はいつも『だから何?』って話題になってしまいますが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 20:00:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。