■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハイブリッド考
頻繁に張り替えることがない
 (っていうか全然切れない  )
私のような一般プレーヤーに
ハイブリッドは向かないと考えています。

特にポリとナチュラルの組み合わせは
それぞれのユルみ具合が大きく異なる (らしい) ので
余計に旬の時期が短くなると思うのです。


しかし先日手に入れた2000RIMツアーには
縦ポリ横ナチュラルのハイブリッドが張ってありました。

かなり打ち込んであったから相当ユルんでいたでしょうが
元々のテンションも40P代の前半くらいと思われました。

話によるとその方は
フラット・スライスをメインに使うプレーヤーなのだそうです。
 (たぶん頻繁に切るタイプではないでしょう)

全日本ベテランで上位に行くような方が
そのセッティングにしているなら
そこには何かしらの意味があるのではないだろうか。

私が目指しているのもフラットやスライスをメインにして
コートを広く使うようなプレースタイルなので
全く同じとはいきませんでしたが
似たセッティングにしてみました。

縦プロハリケーンツアー/横VSナチュラルを43P
 (元のはたぶん縦プロハリケーン/横VSナチュラルでテンション不明)


使ってみると
お世辞にも快適な打球感とはいえない。
打球音も微妙です。
 (私の技量はとりあえず置いておいて)

しかしコントロール性が高いというか
イメージと実際の軌道が近いというか
そういう安心感があります。


打球をスピン量で調節するのではなく
球を捉える面感覚や押し込み具合で調整する
フラット・スライス系のプレーヤーにとってうれしいのは
弾きすぎないことと
スイートスポットが広いことであり
その矛盾するような希望を両立させようとすると
縦ポリ横ナチュラルのハイブリッドは
合理的なのかもしれません。
 (ユルいテンションの場合)

全部ポリだとスイートスポットが狭くなり
全部ナチュラルだと飛びすぎてしまう。

特徴の異なるストリングを張る時点で
打球感を求めない割り切りが必要なのかもしれません。


始めからユルく張ることで
時間が経過することによるユルみの影響は
相対的に小さくなる。
打球感が柔らかいラケットを使えば
その問題も多少は解決する。


ユルいテンションが好きで
フラット・スライスをメインに使う方
という条件が揃うなら
2000RIMツアーにハイブリッドは
かなりマッチするかもしれません。



と、一見もっともらしい屁理屈を並べてみましたが
またもやラケットを変えてしまった言い訳を
それっぽく見せたいだけなので
間違いに気づかれた方は優しく指摘してください。

人気blogランキングへ この病気に終わりはあるのでしょうか。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ストリング関係 | 22:00:00 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます2012-05-13 Sun 11:08:17 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。