■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
騙されます
年度替わりのこの時期に
決まって不安定になる利用者が数名います。

職員の異動や退職の時期でもあるので
それが原因だと思います。

これまではそういう方々への配慮という意味で
極力ギリギリに発表していましたが
今年は決まった時点ですぐ発表しました。

私の担当している方が不安定になる筆頭
大横綱とでも言うべき方なので
 (一度崩れだすとものすごく荒れて…)
早めに伝えて大丈夫かどうか
上司から事前に相談されました。

私は
その方が荒れるか荒れないかはわからないけど
早めに発表するのが正しいと思う
と答えました。


異動であれ退職であれ仲の良い職員が職場を去ることで
利用者の方が不安や寂しさを感じるのは当然。

むしろ
思いっきり悲しんだり寂しがったり
残った日々をその職員とたくさん関わったり
そういう時間を提供することに意味がある。

だから早めに伝えるのが筋だと思うのです。


で、もし荒れたら荒れたで私たちが彼を支えればいいし
荒れないで済むような配慮ができれば一番よい。

そのための私たちなんだから。


幸いこちらでも自宅でも大崩れする方はなく
 (小さいのはありましたが)
無事に今年度を終えることができました。



2月の終わり頃
『決定した異動や退職は変えられないんだから
 腹をくくって
 好きなだけ悲しんでもらいましょうよ』
って職員会議で言ってみたら
また勝手なこと言いやがってと白い目で見るのが1/3
きっと荒れさせない秘策があるに違いないと期待するのが1/3
主旨を理解して自分ができることに思いを巡らすのが1/3
といったところでした。
 (超主観ですが)


いいんです。
仲間が1/3いれば上々です。


白い目で見てくる人間はまだいいんですが
私に勝手な期待を抱いている人たちは
いつか裏切られることになるんだから
早いところ目を覚ましてほしいものです。


対人支援に魔法の杖なんか無い
と腹をくくって
彼らに対して筋の通った関わりを積み重ねる。
リスキーに見えたとしても
結局はそれが一番ではないかと。
 (超主観ですが)

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



ウチの職場に限った話なのかもしれませんが
なんというか『救世主神話』とでも呼ぶべき空気に
すごく違和感を感じます。

自信たっぷりに見えるんですかねぇ。
いい加減なだけなのに。


話は大きくなりますが
かつての小泉さんや今の橋本さんに対する空気
みんなの期待の丸投げ
みたいな空気に
私のイライラメーターが反応するのです。
 (とか言いつつ私は橋本さんに期待してたりする…)
 (ちなみに小泉改革は評価していません)


必要なのは
事実をどう捉えて
自分はどうするのか
であって
誰かに寄りかかってるヒマなんてないだろうに。
スポンサーサイト
福祉の仕事 | 11:52:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad