■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ちょっと時事的な話
たいした見識もないのですが私個人の忘備録的な意味で
今話題の領土問題について少々。


私も日本人なので当然心配したり不快な思いをしています。
でも、そんなに詳しい訳ではありませんが
世界の他の地域を見ても
領土問題のあるところはだいたい長引いています。

また、白黒はっきりついたところの多くには
多数の血が流れている訳で。



きれいごとなんて「国益」の文字であっさり消えてしまう
そんな国際政治の中で生き残るために
我が国も「軍隊」という最終手段を持つべきだという論調が
ネットを中心に目立っています。

私個人としてはそのこと自体に異論はないのですが
 (もう持ってるやんけ、とかいろいろ言い出すと話がどこまでもそれるので…)
今ホットなこの領土問題に直結させてしまうと
事の本質が見えにくくなってしまうのではないかと心配しています。


領土問題は解決させないままとっておく。
大事なのはどうやってとっておくか
その「とっておき方」である。


とっておく、という表現がすごく無責任で
あたかも何もしないでいい、みたいな捉えられ方をされるかもしれませんが
とっておく、というのは
揺れ動く状況に合わせて対応しなければならないので
とても神経を使うし、使い続けなければなりません。
ただ状況に合わせているとなし崩し的に…ということになり得るので
戦略的にとっておかなければならない。

さらにわかりにくいのが、その時の対応が我が国として正しかったかどうか
 (最近よく出る表現で言うと「国益にかなっているかどうか」)
歴史にしかそれを審判できないことです。
言い換えると、事態の起こった瞬間のタイムリーな民意に
判断できることには限りがある。
とても限りがある。


現実的かどうかは別ですが
そんな面倒ですっきりしないことを続けるよりは
白黒はっきりさせるほうがわかりやすい。
わかりやすければ多くの支持を得る。
 (それは比較的最近に証明済みですね)

でも、そのわかりやすさには罠があるように思えて仕方ないのです。



素人の無責任で勝手な想像ですが
中国も韓国も最終的な「白黒ハッキリ」を迫る行為までは
しないだろうと考えています。
 (映像が流出して問題になったような局地的なドンパチも起きないのではないかと)
どちらもこのゴタゴタを利用して
どのくらい自国に有利な「とっておき方」に持っていくか
そういう頭でいるのではないか。


例えば、日米間に距離を作る
とか
自国と米との距離を近づける
とか
自国内の結束を強める
とか



ガラにもなく時事的な話でした。
個人的な忘備録として読み飛ばしてください。
スポンサーサイト


雑記 | 10:07:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad