■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
神とひとつになること

ヒキました?

たぶんあやしくはないので
少々お付き合いを。


「神とひとつになること」
ニール・ドナルド・ウォルシュ著
吉田利子訳
サンマーク文庫


本屋で見つけて立ち読みしたのですが
目次だけ見て即決で購入しました。

私個人の感想ですが
「これは禅の入門書である」


禅について何か言えるような身ではないのですが
私が今まで読んだ禅関連の書籍の中で
一番わかりやすかったです。


そもそもこれは禅の世界とは違うのでしょうが
前出の「弓と禅」から鈴木大拙さんの本をあたりまして
なんとなくわかるような気がするけど
なんとなくでしかなくて
自分のような素人にはよくわからなくて当然なのかなぁ
なんて思っていました。

そんな私みたいな人がいたらおススメです。
しっくりくると思います。


>あなたがたは、文字どおり
 「この世にありながら、この世のものではなくなる」
 必要がある。
>人間たちはどこか深いレベルで
 この幻想を捨てるわけにはいかない
 捨ててしまうと何かとても大切なことが失われると感じていた。
 その感じ方は正しかった。
 だが、ここでも彼らは過ちを犯した。
 幻想を幻想と見抜いて
 それを本来の目的のために活用するのではなく
 欠陥をつくろわなければならないと考えたのだ。



通勤電車内で読んでいるとなんとなく
「あぁ…、そっち関係の丸坊主なんだぁ…」
みたいな目で見られているような気がするのが
難点と言えば難点です。

人気blogランキングへ カバーをかけるのはなんか苦手で…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 12:00:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。