■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
わかりかけている
江戸時代の剣豪、柳生但馬守と深い交流があったとされる沢庵和尚の著書

不動智神妙録
 (池田諭訳・徳間書店)

を読んでいます。


最初に通読した時は
「だいたいどこかで読んだことがあるような内容」
という感想を持ちました。
でも、何度か読み返してみると
その都度新しい発見がある、というか
章の区切りで考え込んでしまう、というか
うまく言えませんが
この本が持つ奥の深さを感じるようになりました。


ちょうど今、深く考えさせられている部分を
ちょっと長くなりますが引用してみます。



○応無所住而其心(おうむしょじゅうじじょうごしん)の意


 敬の字の心は、心がよそに働こうとするのを抑制して、よそにはやるまい、
よそに働けば乱れると考え、少しの油断もなく、心を引きしめておく状態です。
 こうやっているのは、さしあたり、自分の心を散らさぬようにするための、
一時的な方法です。何時もこんなことをしているのは、息がつまるほど不自由なことです。
 たとえば雀の子が猫につかまえられたというので、二度とそんなことがないよう、
猫に縄をつけ、少しも油断なく縄をしばりつけておくようなものです。
 自分の心を縄をつけた猫のように不自由な状態にしておいては、思うままに振舞うことも
できません。それより、猫が雀をとらぬよう、猫の方をよくしつけておけば、
たとえ放ったらかしにして、猫が雀と一緒にいてもだいじょうぶなようにしておくことです。
「応無所住而其心」とは、そういうことなのです。
 自分の心を、縄をはずした猫のように自由気ままにさせ、
それでも心が止まらないようにすることです。




ただ自分の心を解放すればよい、という話ではないと私は受け取りました。
解放と束縛の両立。
折衷ではなく両者の一体化。

束縛があるからこそ解放がある。
解放があるからこそ束縛がある。

みたいな。


頭での理解という意味ではつかみつつあるのですが
実感としてつかみ取るのは難しく
「わかりかけてるんだけど…」
という感覚が続いています。





この本は原文と現代語訳が見やすく配置されています。
漢文とか古文に弱い私でも読みやすくて
内容的にも興味深い本です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 22:07:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。