■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ミスしたら感謝
シングルスの練習試合をしました。

技術的な未熟さは随所に現れましたが
 (特にフォアハンドは打ち方からわからなくなり…)
そんななかでもメンタルを保つ取り組みは
割と上手くいきました。

来年の市民大会にむけて
こちらの技術も磨かなければなりません。

そのためにくりかえし読み返している本から
一部を紹介します。

前にも記事にしたゴルフ本
『わかったと思うな』中部銀次郎
より。


○言い過ぎになると思いますが、
そういう (自分のミスを怒る) 気持ちを持つのはハッキリ言って、生意気です。
少なくともミスしておかしくないゴルファーなんです。
そのようなゴルファーがたとえパー4のホールで3つ多く叩いたからといって、
腹を立てることはない。
感謝しこそすれね。

○感謝する気持ちは、ひとつの切り替えです。
気持ちの切り替え。
で、早く気持ちを切り替えられる人が悪循環を断ち切ることができる。
(略)
この未練がましい気持ちは、性格から引き出されるものではありません。
誰の気持ちの中にもある。
だから要するに訓練なんです。
そういう気持ちを断ち切る訓練。





今回の練習試合
フォアが打てなくなったのに
メンタルを崩さずに最後まで試合ができたのは大収穫でした。

それよりも
フォアが打てるようになればいいんじゃないかと
思ったりもするのですが。

それはそれとして。

人気blogランキングへ フォアスラは浅くなると一気に攻められてしまい…ですが、よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 22:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
フォアはいい感じになってきました。(残るはバックww)
不調でドライブが打てなかったころにはスライスを打ってましたけれど
今日は風上からでもストンとエンドラインに落ちるボールが打てましたよ^^

ゴルフは久しくやっていませんが
当時はWボギーが平均でしたヾ(´∀`o)+
でもたまにWパーやトリプルパーなんてことも(悲)
三つ多くなら平均に近いかも?!(爆)




2013-03-01 金 23:33:00 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

てにままさまはゴルフ経験者なのですね。
私は全くやったことがありませんが
すごく奥が深そうで、楽しそうですね。

「はっきり言って、生意気です」のくだりは
非常に心にしみるというか、耳が痛いというか
特に印象に残っています。

どんなスポーツも同じなんでしょうけど
難しいものですね。
2013-03-03 日 11:19:40 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。