■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
終盤にどうなっていたい?


先日、コーチと長めに話す機会があったので
試合の入り方で何を考えているのか聞いてみました。

そこで言われたことがずっと頭に残っています。


『試合の終盤にどうなっていたいか。
 そうなるために序盤をどうプレーしたらいいか。
 それを考えてみたら?』



で、考えているのです。



丸坊主の結論:安心してフォアを振り切れるようになっていたい
 (せめて試合の終盤には)
 (できたらもうちょっと早く)


ただでさえ苦手としているフォアハンドです。
調子がいい日ならともかく
序盤から振り抜くなんてなかなかできないのです。

せめて中盤から終盤には
フォアスラでお茶を濁すのではなく
球を置きに行くこともなく
フォアのスイングを
自分のコントロール下に置けるようになっていたい。


そのために序盤をどうするか?

安易に考えると
 ①多少のミスは気にせず大きく振っていく
 ②ともかくつないで球感を得る
の2択になるでしょうか。

あるいは③として
 基礎的なチェックポイントだけを意識する
なんてのも考えられます。


どれもたぶん間違ってないのでしょうが
なんだか表面的な
机上の空論的な印象が拭えません。

とりあえず練習試合で試してみるしかないのでしょう。

でもこういった視点で自分の試合を振り返ったことはないので
しっくりきてないのですが
途中経過ということで記事に残してみました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・戦術面 | 11:16:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad