■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
私のテニス5ヶ条 本編
ようやく本編です。

あれから考えたことと今まで得たコツをまとめて
試合にのぞむ上でのテニス5ヶ条にしてみました。

自分用のテニス日記から転記しているので
読みにくいところはご容赦ください。


<私のテニス5ヶ条>
第一条:コートにいる人はみんな好きって決める
第二条:すばらしい勝負にしよう
 →上二つは序盤のビビり対策
第三条:ミスしたら感謝する
 →これと第五条は自分の中心を保つ対策
第四条:『ニギラナイ、ヒラカナイ』でリズムが合うまで待つ
 →詳細は下記
第五条:酸素が足りないとイライラして集中が切れる。だから深呼吸を忘れない


序盤は『ニギラナイ、ヒラカナイ』を意識して
相手のリズムに合わせられなくても
焦らずに硬くならずに自分のリズムに合うのを待つ。
自分のリズムに合うのが早いか
相手が押し切るのが早いか
そういった勝負に持ち込んで中盤から終盤に勝負をかける
そういう心づもりで序盤をプレーする。

序盤から引き離すことを目指すより
中盤から終盤に勝負をかけるほうが自分の人格に合っているように思う。


勝ちたいのはもちろんだがそもそも試合をするのは
試合という場において自分のプレーをしたいからである。
自分のプレーをするために自分のリズムに持っていきたい。
特にフォアハンドを安心してスイングできるようになっていたい。
それができないで勝っても「不思議の勝ち」でしかない。
それは自分が望むものと違っている。

先の市民大会がいまいち自信につながらないのは
フォアの出来が原因と思われる。
(悪い中でどうにかしたという粘りはよかったが…)



以上、テニス日記からの転記でした。
今後の練習試合で持っていって
使えるかどうか試してみます。

なぜ
「コートにいる人はみんな好きって決める」「すばらしい勝負にしよう」
が序盤のビビり対策になるのかといいますと
また長くなるので
どこかで機会があったら掘り下げてみます。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad