■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
遊んでいるように
相変わらずフォアは壊れています。
特にクロスに返らなくて困っています。
(主に困るのは組んでくれたペアの方)


『ニギラナイ、ヒラカナイ、フラナイ』

ブツブツ唱えながらプレーしているのですが
どうも不審者感がハンパないみたいです。

周りからはヒカれていますが
こっちはそれどころじゃありません。
(特に『ヒラカナイ』が難しい…)



『調子が悪いときほど重心は低く』

と部活時代に言われ続けまして
結構最近まで律儀に守っていました。

でもコレ、ホントなんですかね?


ヒザを曲げすぎると動きにくい。

テニス雑誌からパクった
スタンスを広くとって結果として重心が落ちる
というのも試してみたのですが
これも動きにくい。


スタンスは肩幅程度にして
動いてもその間に重心が入っているようにすると
だいぶラクに感じます。
(遠い球は仕方ありません)

端から見たら棒立ちに近いのでしょうか?


さらにラクちんで余裕を持った感じ
遊んでテニスをしているようなイメージで立つと
スムーズに動ける気がします。


棒立ちで遊んでいるみたいな立ち姿。
加えて
『ヒラカナイ、ニギラナイ、フラナイ』





一生懸命感はまるでありませんが
しっくりきています。


足腰が弱ってきたせいか
効率の良い動きに変化したせいか。


人気blogランキングへ 体が弱っただけな気がしますが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 16:36:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
フォア
ボールの動きに対して、両足が平行に並んでいる。
それが、一番の基本のような気がします。
オープンスタンスだったりすると、コントロールが
難しいですよ。
2013-05-25 土 00:18:22 | URL | 徹 [編集]
いわゆるスクエアスタンスというやつですよね。

常にその形で捉えられるといいのですが、なかなか…。

難しいものですね。
2013-05-29 水 16:06:31 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad