■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レッスンは難しい
先日のレッスンはとても難しかったです。


腕を振るのではなく
肩胛骨を使うスイング
ラケットヘッドを走らせるスイング
というのを集中的にやったのですが
アドバイス通りにやろうとすればするほどうまくいかない。

元々肩周りが硬いらしく動きに違和感がある。

たまにすごい球が行くけど
それ以外の球が制御できない。

上体に意識が向きすぎて他が疎かになる。

コーチの言葉がキャパオーバーになり処理しきれない。



メンタル的な負荷が強いレッスンでした。


レッスン中に珍しくイライラしたりしたのですが
(もちろん表に出してはいませんが)
ここで難しいのが
だからといってこのレッスンが悪い訳ではないところにあります。


極論ですが
レッスンでいい球を打つ必要はない。
(のかもしれない)


後日の外テニスでいいスイングができたのは
このレッスンのおかげなのかもしれません。



うまく言えませんが
放っておくとどんどん固まってしまうスイングの自由度を上げる
あるいは器を広げるためのレッスンだった。

なんて感じたりもします。



レッスンで気持ちよくプレーして
なんとなく『やった感』で満足すると
後でロクなことにならない。

それを知っているので
自分の課題をもって臨むことを意識しているのですが
それとは別に
自分をカラの状態にして素直にレッスンを受けることも
大事なんだろうと思っています。


今回は自分の課題にこだわりすぎて
カラになってレッスンを受ける姿勢に欠けていたかもしれません。

難しいものです。


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


テニス・メンタル面 | 12:44:39 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
時々、難しいことを要求してくるコーチがいます(笑)
男性コーチ、それも若い人が多いと思う。。。
 「そんなの女ダブ、それもオバサンには、、、」
なんて愚痴がブツブツwww

でも、「それもアリ!」なんですよね~?!
色んなショットを試してみることで自分の器が大きくなる可能性が!

割と文句を言わずに試してみる私です( ´ ▽ ` )ノ
2013-05-30 木 00:05:27 | URL | てにまま [編集]
*てにままさま

>割と文句を言わずに試してみる…

試してみるって大事ですよね。
技術面の課題はいくらでもあるので
自分で変に固めずに広げていくことが
必要なんでしょうね。

でも実際にうまくできない内容だったりすると…。

難しいものです。
2013-06-01 土 23:21:24 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。