■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
技術です
先日のレッスンではストロークの調子が最悪でした。

球が乗らずに弾いてしまってどこに飛ぶのか制御できない。
乗らないから回転量の調整もできない。


リキみが原因になっている

プレー中にそこまでは理解できたのですが
どうやっても戻らない。


振り替えクラスのコーチだったからか
自己調整力の修行中だと察してくれたのか
その日のコーチはあまりアドバイスせずに見守ってくれました。

ありがたかったです。


で、レッスン終わりに
『リキみが原因、まではわかったんですが、戻せませんでした。
こういう時、コーチはどうやって戻しますか?』

と聞くと

『球への入り方の問題。
遅れるとリキむ。
遅れたままインパクトでムリヤリ合わせようとするからリキむ』

と教えてくれました。


この日はずっと
強い球を打ちたい気持ちを抑制しようとしたり
深呼吸で力を抜こうとしたりして
上手くいきませんでした。

リキみも技術の問題であって
メンタルの問題と捉えていたのが間違いだったと
気づかされました。


また、リキみそのものを取り扱うのではなく
その前に何が起きているか
それに目を向ける必要がある。


仕事も同じです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 17:56:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
強い(速い)球を打ちたいと思った時、、、
そんな時こそ、当たりそこねる傾向があります。

コーチの言う「脱力!」
なかなか出来ない自分がいますヾ(´∀`o)+

難しいですねぇ~~~(-_-;)
2013-06-02 日 00:13:48 | URL | てにまま [編集]
特にフォアは『強い球を打ちたい』と思ってスイングすると
ろくな事にはなりません。

多くを求めずにプレーするときに限って
いい球が行ったりして
そのまま維持すればいいのに
欲がでてきてまた崩れていく…。


ホントに難しいです。
2013-06-07 金 12:56:32 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。