■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
支援計画
福祉の仕事ですから、利用者さんの支援計画を作らなくてはいけないのです。


当然、

施設長:「丸坊主君は○○さんと××さんの分を
     △△日までに作るように」

とか言われる訳です。




締め切りも近づくある日。
後輩のイケメン職員 I 君に進捗状況を聞いてみると


I 君:「あっ、すいません!

   まだ結構残っていまして…」



と。

いやいや、そうじゃなくて。
ちょっと聞きたかっただけだって。
 (私が普段から口うるさいみたいじゃないか。ブツブツ…  )




いつも冷静な先輩Tさんには

Tさん:「他人の様子を聞いてどうなる訳でもないでしょうに」

と笑われます。



なんかこんなシチュエーション、前にもありました。
試験前とか卒論前とか。


学校を卒業してもう何年も(!)たちますが、
人間の中身はあまり変わらないものですね。

(締め切りには間に合いましたよ。 やり直しが入りましたが…)



人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 22:31:01 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
お疲れ様でした!

確かに。
子供の頃からオジサンぽい人や、
中年になっても少女っぽい人など
本質的なところって、あまりかわらないなぁ・・・
と思う事、あります。

私は昔から、女性になりきれてないところが・・・
2007-07-03 火 09:16:05 | URL | BOOH [編集]
自分が30才を越えたらどうなっているのか
学生の頃たまに想像していました。

まさかこんな30代になっていようとは…。

っていうか、内面がほとんど変わってない。
どこで成長が止まったのかな?
2007-07-04 水 21:03:53 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad