■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
気づいた以上、責任が生じる
中堅とかベテランの職員が利用者さんを誘導すると
スムーズに動いてくれる。
新任職員が誘導しても動いてくれない。

極々当たり前の風景です。


そんな利用者さんを前にして
四苦八苦している新任職員の姿を見ると

美しいなぁ…

とニヤニヤしてしまいます。
 (新任さんはさぞかしやりにくかろう)

で、適当なところで代わります。


『困ってるから代わってたら、その職員が伸びないじゃない』
なんて言われても知りません。

たぶんそんなところに成長はありません。




個人としての力量が高くて経験もある職員が
『○○さんを誘導して』
とだけ新任職員に言い残して立ち去る。
そんなことがありました。

その新任職員が誘導しても利用者さんは動かない。
どうしよう。





危険なにおいがします。




私のように適当でいい加減な人間ならいいんです。
『だれかー、代わってー』
って言うから。


へんにマジメな人だと困ります。

先輩に言われたから動かさなきゃ。
自分でなんとかしなきゃ。
みんな忙しそうだし
今後も私が対応しなきゃならない場面があるだろうし…

とかって考えるけど、利用者さんは動かない。
動くわけがない。

それでも動かしたいなら強制力を使うしかない。




私はダメな人間なので
そういう風に考えて失敗をしたことがあります。
 (うまくいったこともあります)

最悪なことに一度だけではなく何回もあります。
 (うまくいったこともあったから)
 (訂正:うまくいったと錯覚したことがあったから)

だからいい加減になることにしたのです。
そして、そういう芽を見つけたら私が代わっちゃうのです。

わざとニヤニヤ眺めてからね。




先日もそんな芽を見つけてしまったから
しばらく眺めて楽しんでから代わりました。
 (『別に代わってくれなくても…』と不満げでした)


その後で、指示を出した中堅職員を呼びだして
お説教爆弾を投下しました。

自分の言葉の重さや強さを自覚して!
みんなが自分くらいできると思わないで!


そのあと新任職員も呼び出してお説教です。

こんな関わりしかできなくて、周りになんて思われるかなぁ…
なんて考えは捨てなさい!
ロクなことにならないから!




で、しばらくクヨクヨするのです。

言うまでもなく
私にそんなこと言う資格はないのですから。


さらに最悪なのが、私の心の片隅に
いいこと言った、オレ、最高
という思いがあることです。

もう救いようがありませんな。



でも、そんな自分を慰める言葉を
福祉界の偉人、糸賀一雄氏が残しています。

『自覚者は責任者である』

このままでもいいんですが
私は勝手にこう読み替えています。

『気づいた以上、責任が生じる』


気づいてしまった以上、資格の有無に関係なく
救いようがあるかないかも関係なく
私には責任が生じてしまうのです。

糸賀さんがそう言うのだから、しょうがないのです。

人気blogランキングへ こんなオレ、最高?よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


福祉の仕事 | 14:56:49 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
大人同士の、職場でのことは良く判りませんけれど
子供が新しいことをしようとしている時の
親の目、婆ばの目のことに
関連つけて読んでしまいました(自分勝手w)

子供のやることを、そっと身守っているのだけれど、
どこで手を出したら?口を出したら?
そのタイミングって難しいところなんですもの^_^;

何かが起こってからでは大変ですしね~


2013-06-19 水 22:49:09 | URL | てにまま [編集]
※てにままさま

お子さんの育ちと職員の成長は基本的には同じなのでしょうが
今回の件ではひとつだけ違うところがあります。


記事に書いた中堅と新任の一番の間違いは
 (ついでに過去に繰り返した私の間違いは)
自分たち支援者が支援の主体であり、利用者はその対象者である
という捉え方に陥っているところです。

意識的でも無意識にでも
 (たぶん意識してないはず)
 (昔の私みたいに)
そういう捉え方をしているから
他の支援者も自分くらいできて当たり前とか
この程度の関わりしかできなくて周りになんて思われるだろうとか
そんなことを考えてしまう。

私はそのように考えています。


支援の主体は利用者であるという基本に帰れば
利用者さんが職員を選ぶのは当たり前です。

中堅はその新任とその利用者さんの相性がどうか気を配るし
新任に経験を積ませるにしても
利用者さんにムリのない範囲で、と考える。

新任は自分と動くのがイヤそうだと感じたら
別の誰かを呼ぶなりなんなり
何か違う方法を考える。

そうなるはず、なんです。


まだ言葉でカバーしきれてない気もするのですが
最近、ようやくわかってきたような気がしています。


さらに言うと
それでもなお、利用者さんに一定の枠を設定する必要がある。
そんなケースもあるように感じていて
『支援の主体は利用者』
という基本と矛盾してしまうのです。

状況に合わせてどちらかを選ぶにしても
その基準はどこにあるのか。
選ぶ主体は支援者でいいのか。
そもそも『枠を設定する』こと自体が許されるのか。



と考えると、まだ答えは出せないのです。
答えは出せなくても、支援は続いているのです。


まだまだ考えなければならないことがあるのです。

長文で失礼しました。
2013-06-20 木 18:25:09 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。