■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
フォアの忘備録
フォアが良くなっています。


とはいえ
今までも『フォアを掴んだ!』と喜んで
数日経ったらまた元通り
なんてことを繰り返しているので
アテにはなりませんが。



最近、少人数で2時間みっちり練習した時のこと。

一人すごくうまい方がいたので
影響されてバッチバチにやってみたら
全然球が行かない。

しかも疲れる。


今日は体調が悪いのかも、と諦め気味になって
疲れた構えからラリーをしてみたら
ラクにゆったり振っているのに
ストリングに球が乗っている感覚があって
打球に伸びが出てきました。



数日経ったら元通り…をくい止めるべく
なぜそうなったのか考えてみました。

①両肩がダラっとしてラケットは腰のあたりの構え
 (自己イメージとしてはかなり低い構え)
②後ろには引かないで肩付近まで持ち上げるテイクバック
 (上体を横に向けるから後ろに引かなくてもスペースはできる)
③セットした位置からインパクトまでゆったりとヒジから落とす
 (力で下に動かすのではない)
④ヒラカナイ
 (丸坊主用テニス呪文より)


①②③は丸坊主用テニス呪文の
ニギラナイ、フラナイ
と同じことではないかと感じています。


ゆったり振ったほうが球が伸びる
というのはわかっていましたが
ただゆったり振ろうとしても上手くいきませんでした。

スクールのコーチからは
『ヒジから振り出す』
と言われていましたが
意識してやると振りにくくて定着しませんでした。

・ゆったり振ろうとする
・ヒジから振り出そうとする

これらの微妙な制御を力でやろうとしたから
うまくいかなかったのではないか。


高い位置から重力で落とすことで力が抜けるから
間接が柔らかくなって自然とヒジから振り出せる。

そういうことなのかもしれません。


これで定着できたらしめたものですが
はたしてどうなることやら。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 18:47:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad