■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
グラファイトミッドプラス
昔懐かしい台湾製<N>が格安で売っていたので
買ってしまいました。
(ボロボロだったけど)

グラファイトなのにオーバーサイズじゃなくてミッドプラスってところも
偏屈な私の好みに合います。


ストリングも昔懐かしの?ミクロスーパー16を47Pにしました。


フェイス:93平方インチ
平均重量:322g(G2)
パターン:M14×C18
バランス:310mm


確かな重さを感じますが
重量的にはメインの2000RIMツアーと変わらないので
使う上で困ることはありません。

面の小ささとストリングの目の荒さからか
振り抜きがよくて気持ちいいです。

空気抵抗が少ないのでしょうか。


硬めで弾くストリングを張ったのですが
ラケット自体の弾きが少ないので
ちょうどよくマッチしているように感じます。


フレームは硬めなんでしょうが金属的な硬さではありません。
硬いと言うよりはむしろしっかりしていると表現した方が
いいかもしれません。

例えるなら金属の棒ではなくて硬い木刀みたいな感じがします。
硬さの向こうにしなやかさを感じるというか
言語化するのは難しいのですが。


そんなグラファイトMPですが
フォアハンドストロークが特に気持ちよく使えました。

パターンの荒さで回転がかかるのか
叩いても飛びは控えめで
でもかかりすぎて浅くなることは少ない。

こすって弾道を高くしたフォアも
イメージ通りに行ってくれます。


サーブもヘッドを回しやすくて
スピードを捨てた回転系しか打てない私には
使いやすかったです。


ただバックのスライスで球を乗せるには
独特のしっかり感に対する慣れが必要だと感じました。
あとボレーでスピードを出すのも難しい。


総じて言うと
難しさはあるものの意外と使えて
慣れれば慣れるほどなじんでくる
そんな印象です。


例えばフォアハンド。

真ん中~少し下側を使ってループ的なスピン
真ん中~少し頭側を使ってアングルを狙うスピン
といった使い分けがイメージしやすいのです。

もちろん他のラケットでもできるんでしょうが
このラケットだとなぜか意識しやすく
打球の制御がしやすい。

硬めだけど硬くない独特のしっかり感のせいか
ストリングパターンの荒さのせいか
理由はわかりませんが
この独特な打ち味にハマる人はいるだろうなぁと感じました。


面の小ささからくる弾きのシビアさを
荒いストリングパターンで相殺する。
かかりすぎによるコントロール性の低下は
面が小さいから目立たない。

で、振り抜きの良さと使いやすさを両立する。

そういうラケットなのかなぁと感じました。
(私にとっては十分シビアかラケットですが)



とりあえず私の課題が振れないフォアなので
矯正のためにしばらく使ってみようかと考えています。

人気blogランキングへ 
スポンサーサイト


ラケット関係 | 20:00:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。