■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RIPOSTその後、テニス日記

太いマルチのRIPOSTですが
3回テニスをしたら早くもケバケバで
今にも切れそうになってしまいました。

長時間かつ少人数のテニスが入っていたので
球数は多かったかもしれませんが
やはり耐久性は…という印象です。

抑え気味の弾きと柔らかすぎない柔らかさは
とてもいい感じでしたが。


厚ラケを使っていて飛びすぎが気になって
でもすぐ切る訳じゃないからポリはいや
というような人に向いてると思います。

私にも向いているはずでしたが
耐久性が無さすぎでした。



さて、反則カブトムシ(パワーブリッジ1)に持ち替え
シングルスの練習試合を繰り返して
少しずつ求めるプレーができてます。

特にフォアハンドのループボールの
自由度が上がっています。

かすれて浅くなることはほとんどなくなりました。


一方でフォアのアプローチが
浅くなるかアウトすることが目立つようになりました。

理由は明白で
飛びすぎるのが怖くて回転をかけすぎると浅くなり
振りきれないまま持っていくとアウトする。

きっちり振り切ればコート内に収まるのは
練習で実証済みです。
後は気持ちの問題なんだと思います。



それはそうと、単発でいいレッスンを受けました。

まとめると
生きた球を打つために準備を早くシンプルにしましょう
ということなんですが
反復練習でわかりやすく教えてくれました。

今は速い球も強い球も求めないようにして
生きた球にすることだけを意識しています。


試合の入り方にもそのままで使えて
今のところはいい感じです。

人気blogランキングへ もっとテニスに時間を割きたいところですが…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 20:09:47 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
>かすれて浅くなることはほとんどなくなりました。

今日は団体戦があったのですけれど
バックでロブを打とうとすると、それこそ
かすれて浅くなったのです。

風もあったので怖くて打てなかったのが原因だったかも?
そこで風下からの時に、思い切って
「大きすぎるかな?」ってくらいに打ってみたんです。
それがなんとジャストにベースラインを捕らえたトップスピンロブ!

>飛びすぎるのが怖くて回転をかけすぎると浅くなり

風に乗ったアウトが怖くて回転をかけ過ぎていたんですね~
試合の序盤に気が付いて良かったなり~(^-^)
2013-10-04 金 23:09:46 | URL | てにまま [編集]
※てにままさま

狙いや意図をもってショットを打つのは大切なんですが
やりすぎというか
守る気持ちや消極的な思い
(アウトしたくない、とか、決められたくない、とか)
で何かしようとすると
たいてい悪い結果になってしまいます。

それをわかっているのに
コート上では同じことをしてしまう…。

難しいものです。
2013-10-11 金 09:31:09 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。