■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フェイスの上のほう

先日のスクールにて。

初めて入ったクラスで
『フェイスの上のほうで捉える』
ことに重点を置いたレッスンを受けました。

手投げから始めて
最後は
・サービスボックスの内側だけ
・後ろ側だけ
・アレーだけ
というように
球を落とす場所を限定したラリーをする
というものでした。


しかしこれが難しいこと。

なんでもないチャンスボールなのに
狙った所に落とせない。


要するに
『フェイスの上のほうで捉えるとコントロールがしやすい』
ということなんですが…。


ストレスは高かったんですが
いい練習でした。



レッスン後の帰り道
うまくできなかったことをウジウジ思い返していたら
気づきました。


フェイスの上のほうで球を引っかけようとする意識が強くて
自然とスイングが速くなっていたのです。

私本来のゆったりしたスイングでこれを意識するには
『上のほうに乗せて運ぶ』
くらいのイメージでよかったのではないか。


そう気づくと早く試したくなるのですが
次のテニスはいつになることやら…。

っていうか、レッスン中に気づけないこの石頭。
課題は山積みです。

人気blogランキングへ 道は未だ遠く…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 08:01:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。