■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
試合雑感
完全に個人的な忘備録なので読みにくいかもしれません。


<雑感その1>
先日の試合の最後のゲーム。

ベンチのアドバイス通りに腹をくくって
いいポーチを2回決めることができた。
やるべきことをやって、結果もついてきた。

でももしポーチに出て、失敗していたら。

例えばストレートを抜かれたとか
ポーチで捉えたけどミスした、もしくは切り替えされたとかして
結果が伴わなかったら
自分はこのプレーをどう考えるだろうか?

理想としては
「結果は悪かったが、やるべきことはやった」
と考えて
やるべきことをやったという点は評価し
結果が伴わなかった点を練習課題にしたい。


でもそう考えることができるだろうか。

「無理して出なきゃよかった」
と考えてしまうのではないか。

無理しないことがいいことだと考えてしまわないだろうか。

今回はチームのボスのアドバイスがあったから腹をくくれたが
もし自分でポーチを選択して結果が悪かったら
ペアに対する申し訳なさから
選択自体を間違いとみなしてしまうのではないか。
(注:組んでいただいたSさんはそんなことで文句をいう方ではありません)
(私が勝手に委縮するという話です)


もしそうであるなら
私はテニスに結果を求めているのであって
するべきことを選択して実践したという過程は
まったく評価しないということになってしまう。

自分のプレーの結果だけを評価するということは
他者のプレーもそのように評価することになる。

これでは私が求めるテニスプレーヤーから
遠く離れたモノになってしまう。

このあたりがダブルスを好きになりきれない原因で
自分のこういった傾向を乗り越えることが
メンタル的な課題になるのだろうと考えている。



<雑感その2>
我々が並行陣を作って相手が厳しめのロブを上げて
それをフォアのハイボレーでつなぐ時に
セットを顔の前あたりにして
小指あたりから面を入れるだけで返した。

スイングはほとんどなく
いい場所で球を捉えただけで
つなぎのハイボレーにしては生きたいい球を返せた。

結果そこから守勢になることなく並行陣を維持できて
攻勢のまま続いたラリーからチャンスを作ってポイントを取ることができた。

攻勢に出ている状態を崩さないショット
少なくとも守勢に回らずに済ませられるショットであり
個人的には価値の高い一打だったと考えている。

高い精度で実践できるように意識したい。

人気blogランキングへ 試合でしか気づけないことってありますよね。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 00:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。