■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WAVEX AD2011 さらにその後
現時点では最高です。


デカ厚ラケットなのにツアー系みたいなしっとりとした打球感
でもラクはさせてくれるし
実重量もソコソコあるので
軽すぎて相手に球に弾かれてしまうようなこともありません。

スペックからダブルス専用ラケットに見えてしまいますが
シングルスで使っても違和感なくプレーできました。

特にしなるフレームから繰り出すスライスが気持ちよくて
使っていて楽しいです。


・・・


ラケットを見せるとほぼ全員がバカにしたような目になりますが
そんな所も私の気持ちをくすぐります。

確かにフレームはウネウネしているし
スカッシュラケットみたいな形状のフェイスも美しいとは言えません。

でも塗装素材や深みのある赤色には高級感がある、ような気がします。
 (プレステージクラッシックみたいな、と言ったら言い過ぎ?)

左手でスロートを握ると
塗装の重厚感とこのウネウネがしっとりと指に重なり
このラケットでしか感じることができない
「あぁ、WAVEXを使っているなぁ…」
という気持ちになるのです。


もう言い切ってしまいます!

「こんな 気持ち悪い ラケット

 私が使うしかないじゃないか!」

そんな使命感を抱いてしまうのです。
 (メタリックス6を使っていた時もそんな気持ちになっていたような…)



こんな素敵なラケットにも唯一難点があります。

グリップエンドのマークが「N」だか「~」だかわからないのですが
上下の違いがわからなくて
試合前のラフorスムースができないのです。

試合前には
「すいません。コレ、フィッチができなくて…」
と説明して相手の方に回してもらうのですが
たいていそこで苦笑されます。

そんなところも
「私が使うしかない!」
という使命感をかきたててくれる
素敵なラケットです。

人気blogランキングへ 素敵さが伝わったでしょうか?よかったらクリックをお願いします。

関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4 
スポンサーサイト


ラケット関係 | 19:35:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。