■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ひとつ登る

先日、全然勝てない方とシングルスをやって
やっぱり負けました。
(4‐6)


スコア的に惜しいというのは今までもありました。
けど、今回は試合運びもいい感じで
課題であるフォアハンドからの展開がよく機能しました。


○フォアハンドの展開からアプローチできる球を作って攻撃する

この形でポイントを重ねることができました。



4‐3で迎えた私のサービスゲームから
相手の方がバックハンドのラリーを主体にしたり
私のバックにアプローチをしたりして
私のやりたい展開を防ぎにきました。

今回はそれに対応できずに負けた訳です。


改めて文章にするのも腹立たしく悔しいのですが
単純ながらもフォアハンドからの展開は通用した。
その分、ひとつ階段を登った感触があります。


次は
○バックハンドのラリーからフォアハンドで打てる球を作ること
もしくは
○バックハンドの展開にさせない工夫をすること
が課題になります。

技術的には
○バックハンドでのループボール
 (最終的にはパスを打てることが目標)
○サーブの球威向上
 (1から作り直している最中)
が課題になります。


試合はいろんなことを教えてくれます。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

スポンサーサイト


試合など | 19:25:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。