■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地面とつながる感じ

リターンの時は高い確率でこの感じを掴めるようになりました。

サーブを待つ間に
両足を開いてちょっとだけヒザを曲げて
つま先はまっすぐ前向きか少しだけ内股。
前屈みにならないように注意しながら
足裏をユラユラと左右にゆすると
足裏から腰までの下半身が地面とつながって安定するような感じがします。

この感じになると
対応できる範囲内の打球がよく見えて
主観としてミスショットはかなり減ります。

変な表現ですが
足から腰までが作り物になったみたいにしっかりと固定されて
上半身を自由に動かしても下半身はビクともしない。

固まってるから遠い球への反応は鈍りそうな気もしますが
意外とスムーズに動ける。
(守備範囲を客観的に比べたことがないので
正直違いはわかりませんが…)

そんなイメージです。


そういえば意識しなかっただけで
ランニング中にも時々この感じを掴めたことがありました。

下半身が乗り物みたいに勝手に進んで
上半身はそれに乗ってるだけ
というような感覚です。



ボレーやストロークの時もこの感じを掴めるときがあって
その時は余裕を持ってプレーできます。


この感じだと最小限の力しか使ってない気がするのですが
後日モモの裏側や内側が筋肉痛になるので
そのあたりの筋肉を使っているのだろうと
勝手に解釈してます。


いわゆるパワーポジションというヤツなんでしょうか。



最近めっきり寒くなったので
久しぶりにCW‐Xを履いてプレーしたら
この感じが全く掴めなくて大変困りました。
(途中から脱いで、しばらくしたら感覚が戻ってきました)

こういう筋肉の動きを助けてくれる系のモノは
助けてくれる分全体的なバランスがいつもと変わってしまい
うまく調整しきれなかったのかもしれません。


自分の身体意識が向上したように感じているので
この先に何があるのか突き詰めてみたいと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad