■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
もうひとつ登った?


いつも負けてばかりのテニス仲間M氏に
6‐2というスコアで勝ったことは
前回記事にしました。

いぇ~い 
 (本気でうれしいです)


このM氏はハードヒットこそありませんが
ライン際を狙うコントロールと
 (特に両手バックから繰り出すフラットの狙い場所がエグいです)
プレーの引き出しの多さが武器で
私の弱点を確実に攻めてきます。

M氏は私の練習課題を明らかにしてくれる
すごく大事な存在なのです。


M氏と定期的にテニスをさせてもらった初期の頃は
武器である両手バックを柱に
フォアの中ロブっぽいループボールで翻弄され
手も足も出ませんでした。

数試合を経て
私がライジング気味に打ち込んだり
ロングボレーでカットしてアプローチできるようになると
今度はバックにアプローチしてネットで決めるプレーに切り替えてきました。

バックへのアプローチに対して
私の選択肢がスライスで沈めるかロブしかないことを
見切られていた訳です。

で今回、片手バックのドライブを諦めて
以前やっていた両手バックに戻して
アプローチに対する選択肢を増やしてみました。

いくらスライスを打つのが好きとはいえ
毎回沈める技量はないですし
球の速さにも限界があります。

相手はいいロブだけ警戒していればいいので
普通に考えるとポイントを取られる確率が高い。

私が両手バックのドライブを混ぜると
相手がネットで想定する選択肢を増やせるので
その分ポイントを取られる確率を下げることができます。

今回はその通りの展開で
M氏の出足を止めることができました。

そこからは
フォアハンドの展開からアプローチできる球を作って攻撃
という私の形に持って行って
押し切ることができました。

今回M氏の調子は悪かったんですが
ラッキーだけの勝ちではないと自分では思っています。


露骨なくらい私の弱点を突いてくれるM氏のおかげで
私のプレーは確実に広がっています。

とりあえずバックのアプローチをドライブで返せるようになったので
きっとまた何か考えてくるでしょう。

そしてまた私の課題が明らかになるのです。

人気blogランキングへ オールラウンダーへの道は果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。