■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がむしゃらになるよ
職場でも気がつくとため息が…。
物陰に入って
「うぉ~!」
って唸ったりしてます。

まだ悔しい訳です。
思い出すだけで自分に腹が立つ。



でもよく考えると、今回は
「負けるべくして負けた」
と思えるようになりました。


今回の大会に際して、
私の中で思い描く組み立てというか
攻めのパターンがあったのです。
試合でも、第一に
「この組み立てを実践すること」
を目標にしていました。

これ自体は悪くないのですが、
今思い返すと、この組み立てにこだわる余り
「組み立て通りにスマートに勝とう」
と思っていたようです。

逆に言えば、
「がむしゃらになる」
という対戦の基本となる気持ちが
欠けていました。


この「スマートにやる」は私の欠点であり
どうも
「上手い人はスマートにやっているように見える」
ことから
「スマートにやれば上手くなる」
と誤解しているフシがあります。

「スマートに勝つ」なんて
相当の実力差がない限り無理な話です。

仮に今回の相手が同レベルだとして、
「流れが悪いからがむしゃらにいろいろ試そう」
とするのと
「自分の思い描く組み立てでスマートにやろう」
とするのと
どちらが勝つかは明らかです。


そう振り返ると、今回の敗戦は
テニスの神様がどこかにいて
「そんな楽チンなもんじゃないよ、テニスは」
と教えてくれたのだと思えます。

だからといって悔しさが軽くなる訳ではないのですが。



崇拝するテニスマスターT氏の言葉
(かなりきつい言い方だが、との前置きの上で)

「人は勝って強くなる。

 負けから学ぶことはあっても

 負けて強くはなれない。

 まずは勝つこと」



「正しいテニスをして正しく勝つ。

 負けるときも正しいテニスをして

 正しく負ける」




趣味ではあるけど真剣にテニスをしている以上、
このテニスマスターと同じ高さには
登りたいのです。
できるならその上にも。

ゴールは遠すぎて見えないのですが。


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 12:01:17 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
(↓コメントの続き)
今やっている事に反対?意見が出るのは、
単にミスしたり勝てないからだと思うんです。
(いや、そこが大事なんだけれども・・・)
負け続けるのはツマラナイので対策は必要ですが
やりたいテニスでミスする所を練習することも大事と思います。
今は下積みで自分のテニスを作る時期だと思っているんで
ガンバリマス!

外見はクールな方が相手へのプレッシャーになると思いますが、
頭の中は「がむしゃら」に・・・という事かしら?
ボールへの執着が強かったり、集中力が続く人が強いですよね。

それにしても「勝って強く」なりたいな~~!

2007-07-10 火 14:38:17 | URL | ららこ [編集]
「スムーズ」ではなく「スマート」でした。
訂正します。


*ららこ様

相手より先にミスしないテニスって、確かに強いですし、
自分が上達する上で必ず押さえなければいけません。
しかし、自分の求めるポイントの取り方を貫くことが
これと矛盾するとは思えないのです。
上手く表現できませんが、私はそう思っています。

他人の意見を聞く耳を持つことは大事ですが
他人に流されない自分の考えを持つことも大事なはずです。
プレーするのは自分ですから。


ところで私の言う「がむしゃら」ですが
お気づきの通り気持ちの問題でして
「やってやるぜ~」
って見た目に闘志を燃やすって意味ではありません。

それはそれで面白そうですが(笑)。


コメントにもあった「ボールへの執着」って
私の中で結構重要なワードになりそうです。
「がむしゃら」のイメージを言い換えると
「ボールへの執着」になるような気がしています。
2007-07-10 火 22:09:17 | URL | 丸坊主 [編集]
面白かったです!

試合のあと、どれだけ悔しがれるかで
その人の’伸びしろ’が決まってくるそうで・・・
丸坊主さん、まだまだいけそうですね!楽しみですね e-465

息子のクラブには、死守すべきみっつの掟が。
「あいさつ、敬語、あきらめない」
特にボールへの執着を怠ると、
コートから追い出されちゃいます e-263
2007-07-11 水 10:57:27 | URL | BOOH [編集]
*BOOH様

「伸びしろ」ですか…。

まぁ、今の実力ならたくさんありそうです。
伸びしろ。


それはともかく、Jrさんのクラブの三つの掟。
私の掟にもすることにしました。
でも「あいさつ、敬語」はそこのコーチに見られても
かなりの高レベルだと自認しています。
自分で言うのも何ですが、試合マナーもいいですよ。

「ボールへの執着」は…。
なかなか「スマート」癖が抜けきらず
今だったら叩き出されてしまうでしょう。


いやいや、明後日のテニスからは
「がむしゃら」になりますよ。
来年のために。
2007-07-11 水 11:12:57 | URL | 丸坊主 [編集]
丸坊主さん

がんばっていますね。
うーん。
悔しい気持ち、大変よくわかります。

きれいにスマートに、戦略どうりに勝つことを描いて準備をすることも大切だと思います。

ただし、テニスは相手があること。
相手が予想以外の動きしてくることがあります。
その時は試合の蓄積経験から学んだ臨機応変力を発揮することになりますよね。
それは、
いいかえれば、丸坊主さんの言うがむしゃらさ、泥臭さかなと思います。

ちょっとニュアンスが違いますかね。

自分の戦略に過信しないことと、相手の出方に合わせて対応すること
の両方をバランスよくもちあわせることなのでしょうが、むずかしいですよね (^^ゞ 

ブログランキング応援のクリックしておきますね!(^o^)/
2007-07-11 水 12:21:02 | URL | テニスマン [編集]
*テニスマン様

おおっ!初めまして。
ご訪問とコメントありがとうございます。
とても嬉しいです。


「がむしゃら」「泥臭さ」
全くおっしゃるとおりのイメージです。

想定した戦略が適用できないとき、
自分を支えるのは「がむしゃらさ」「泥臭さ」なんだと思うのです。
今回の試合ではそれが持てませんでした。
(引き出しをたくさん持っている方は「別の戦略」に切り替えられるんでしょうが)

つい最近までシングルスでは「行き当たりばったり」で
ある意味「スマート」にはできない良さがあったんです。
でも「行き当たりばったり」は所詮「行き当たりばったり」。
上は目指せません。

そこから「組み立て」とか「パターン」を意識するようになったのですが、
その過程で「組み立て」を過信するようになったのでしょう。

「組み立て」と「がむしゃら」の両立、もしくは両者のバランス。
楽天的ですが、これに気づいたのも「上達への過程」と捉えられるようになりました。

でも悔しい…。


4-1での自分のサーブを思い出し、
「あぁ!あのゲームに時間を戻して!」
と後悔ばかりしているのです…。
2007-07-11 水 13:02:42 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。