■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
反省させると犯罪者になります

何気なく買ってみた本ですが
すごくよかったです。


『反省させると犯罪者になります』
岡本茂樹著/新潮新書



無理矢理まとめると

反省を強要しても意味がないだけでなく
本音を閉ざして自分の内面と向き合う機会が奪われる。
抑圧された否定的な感情は後になって災いをもたらす。

ということだと思います。
(たぶん)



おそらく著者は親子関係が抑圧的でなく
受容的になることを願ってこの本を書いたと思います。

でも私は
対人支援において支援者が陥りやすい罠を指摘し
それにハマらないための指南書だと読みました。


悪いことをしたら反省させる
支援者がこの呪縛にとりつかれて
しかもそれに気づいていない
そういうケースはよく見受けられます。

もちろん私も例外ではありません。

一見正論に見えるからそれを疑うことはマレで
でも『何か違う感じ』を抱いている。

それを掘り下げることなく放置して
見ないフリをしていた私には
衝撃の一冊でした。



読んでもらうのが一番ですが
印象に残るフレーズをいくつか。

○本音を語らないかぎり、受刑者は自分の内面と向き合うことはできません。

○私は子供の問題行動を歓迎しています。
なぜなら問題行動とは、『自己表現』の一つだからです。

○真の反省は、自分の心のなかにつまっていた寂しさ、悲しみ、苦しみといった感情を吐き出せると、自然の心のなかから芽生えてくるものです。

○皮肉なことに、幸せを感じれば感じるほど、それに伴って、苦しみも強いものになっていきます。



読みやすくていい本なので
職場の仲間に配ってしまおうと考えています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。