■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
その神経じゃ調子わるくもなりますよ
先日のシングルスはフォアとサーブがダメダメで
試合どころではありませんでした。

テニスという相手とのゲームを楽しみたいのに
自分のプレーだけに気を向けないといけない。

試合をやる以前の問題です。



で、何が悪かったのか、何が原因だったのか
ジクジク考えていたのですが
どうやら『不調→反省』のラインでは
この問題を解決することは難しいみたいです。

そんなことが書いてある本を読みました。


『その神経じゃ調子わるくもなりますよ』
小林弘幸著/青春新書


コレによると
不調の原因に技術的なことを求めるのは
枝葉の部分をいじっているだけで
肝心の幹や根に抱えた問題を解決することができない
のだそうです。


この幹や根をいかにいい状態にするか
そういう内容の本ですが
不調時への対処法も書かれていて
そちらも興味深いです。


ミスは5つの状況でしか起こらないそうです。

①余裕がないとき
②自信がないとき
③想定外のことが起きたとき
④体調が悪いとき
⑤環境が悪いとき

いつもこれに当てはまらない状況にするのは現実的ではありませんが
今の自分がどれに当てはまるか意識するだけでも
全然違ってくるそうです。


そしてミスから否定的な感情が起こり
それに囚われてしまうとなかなか抜け出せない。

そこから抜け出すには
・口角をあげて
・ゆっくり動き
・ゆっくり呼吸する

そして
こういう場面になったらこう考え、こうプレーする
という準備をして
それを実行する。


つまりメンタル云々ではなく
テクニックと準備の問題なのだそうです。
(それらを含めてのメンタルなのかもしれませんが…)


その他の記載も興味深く
丸坊主ジャッジでは健康系の新書のなかで一番良かったです。

よろしければご一読あれ。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


本とか音楽とか | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。