■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
AKプロCX16

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


さて、どうしても試したくなって
AKプロCX16を43Pで張りました。
 (もちろんラケットはAD2011です)
今回はその感想です。

デカ厚ラケットなのでナイロンを緩く張ると
打球がとっ散らかってしまうのですが
 (私の技量に対するご意見は受け付けません)
コレはその不安を感じない気がします。

ラケットが違うから正確ではありませんが
元祖AKプロとは全然印象が違います。

一言でまとめると硬めで飛ばない。


AKプロも飛びは控えめな印象でしたが
それよりも飛びが抑えられているように感じました。

で、打球感はずっと硬いです。



ところで
私がストリングに求めるのは弾かないことです。

どうしてもユルく張りたいのでストリング自体の弾きが強いと
制御できなくなってしまいます。
反発性の低いラケットを使っていた時はいろいろ試しましたが
今はデカ厚ラケットなのでポリを中心に選んでいました。

でもコレならユルく張っても制御できないことはありません。


43Pで張ったとは思えないほど硬さを感じます。
打球音による錯覚ではないように思っています。
 (寒さで硬く感じているのはあるかもしれません)

硬いのに球離れが速いという感じはしません。
使ってみて違和感はないのですが
そういう硬さと弾かなさが両立しているところは
ポリっぽいと言えるのかもしれません。


もうしばらく使ってみないと何とも言えませんが
いわゆるナイロンだと制御しにくくてイヤだし
できたらポリは使いたくない
そんな私みたいな人には向いているように感じます。

人気blogランキングへ 迷いの始まりでなければいいのですが…。よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


ストリング関係 | 10:41:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad