■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
見送る作法

年度末での退職者がはっきりする時期です。
立場上、そういう情報は早く入ります。

退職理由は様々ですが
大切な仲間を見送ることに変わりはなく
とても切ないです。



以前、尊敬と言うよりも崇拝していた大先輩が
どう考えても不本意であろう理由で辞めることになり
激しい悔しさと寂しさと不安を感じている自分を受け入れられなくて
意地を張ったことを思い出しました。


誰が辞めようとココはオレが守るもんね!


なんて思ってピリピリしたりして。


完全にこどもの行動です。
お恥ずかしい限りです。



モノの本によると
そういった自分の恥ずかしい出来事には
自分の弱点がはっきり出ているそうです。

だから目をそらし続けるのではなく
あえて向き合って自分の傾向を把握することが大事なんだそうです。



ココでは書けませんが
この件に関しては付随する状況があり
先輩や同僚だけでなく
自分自身も深く傷つけることになりました。

正直、その時のダメージをまだ引きずっています。



今年、その先輩に年賀状を出しました。

『あれからまだ一歩も踏み出せてないけど
流される日々はおしまいにするつもりです』

そんな感じのことを書きました。



今までは巻き込まれるだけでしたが
今度は自分から希望して
あの混沌とした日々に飛び込むつもりでいます。

自分から希望する以上、言い訳の余地はありません。


その仕事に関われるのは最短で2年後。
そこまでの間で何をするか。

たくさん時間があるように見えますが
きっとすぐ過ぎてしまうでしょう。
少なくとも雑務に追われて過ごすことがないように
気をつけなければなりません。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 10:02:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。