■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
継続かも…
今年度いっぱいでおしまいという約束だった主任代行ですが
どうも雲行きが怪しいです。

来年度も引きずられそうなそんな風が吹いていますが
直接何かを言われた訳ではないので
とりあえず無視を決め込んでいます。

やれやれ。


時々

いっそのこと主任になっちまえよ!

と (お叱りまじりに) 言われることがありますが
デスクワークがメインの仕事に興味が持てないので
聞こえないフリをしています。
 (お声のかかるうちが華だってことは承知していますが…)



数年後にウチの法人で入所施設を作る予定があります。
そこには重度最重度と言われる重い障害を抱えた方が入ることになっています。

オープニングからそこで働くことを狙っていて
乏しい人脈を駆使してアピールしているところです。
 (が、社交的とは言えない私の人脈は乏しすぎて…)
その前に主任になんてなってしまったら
主任ポストとしての異動になってしまいます。

せっかくこんなワクワクするような仕事が待っているのに
わざわざ自分からその現場を放棄する理由はないのです。


主任のお話しをいただくたびに説明しているのですが
なぜかほとんど理解されません。

こんな簡単で単純なことなのに。


もちろんその施設に異動できるかはわかりません。
でも、その可能性がある限り今の法人に居残る理由があります。
 (入所施設での勤務を嫌がる職員が多いようなのでチャンスはあると思います)

だから主任代行の継続を打診されたら引き受けるつもりでいます。
断ったからってさすがにクビにはされないでしょうが
目的がある以上、居続けないと意味がないですし
主任代行は職員体制上の不備を埋める意味合いのものなので
ここで恩を売っておけば
私の希望が通りやすくなるだろうという打算もあります。
 (ココまでやって異動できなかったら転職しかありません)


自分で言うのもバカみたいですが
職場での私の評価は一支援員としてのものよりも
チームマネージメント的なものの方が
ずっと高いんです。

だからこんなことになるのですが
私は一支援員でありたい。


話はズレるのかもしれませんが
一選手としてプレーしたいのに
コーチとしての力を買われてそちらに回されてしまう
野球選手みたいです。


わしゃ、まだまだやれる!

なんて引退間近のおじいちゃんみたいな気分です。



一支援員としての力量をあげて
周りに認めてもらうほかありません。

でも代行を引き受けるとデスクワークに忙殺される日々に…。


またしばらく葛藤が続きそうです。

人気blogランキングへ そんな風が吹いているってだけのことですが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 19:09:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。