■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
継続決定…
まだ内示の段階ですが
主任代行の継続がほぼ確定となりました。

同じ建物に複数の施設が入っているのですが
ウチじゃないほうの施設の人事がバタつき
全体のバランスを考えると
私がもう一年代行を継続すれば職員体制が落ち着く
というのが打診された理由です。

個人的にはイヤですが
利用者さんが困るのが目に見えているのにヤダヤダいうのも大人げないですし
職場に恩を売っておくのも悪くないので
やむを得ないです。



さて、今やっている主任代行は

とりあえずなんとかして半年間を乗り切る

というスタンスでやってきました。
だから現場のみんなも助けてくれましたが
年度頭からの一年間をそんなスタンスで乗り切ることはできません。

代行とはいえ仮にも現場の長となる以上
一年間を乗り切るには何らかの目標なりビジョンなりの
ともに働くみんなの道しるべ的なものが必要になります。

適切な道しるべを提示するには
ウチの現状を正確につかまなければいけません。


ウチの職場の強みは何で、足りないものは何か
身近なことだけに改めて考えると難しいです。


それは人が人を支援するという意味とか目的とか
そういった我々の仕事の根本を問うような何かがヒントになると思うのですが
言語化しようとするとどうしてもありふれて陳腐な物言いになってしまう。

事務仕事に追われている時期ではありますが
こちらも急いで作らなくてはいけません。

頭が痛いです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 20:22:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。