■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アプローチできる球を引き出す

シングルスではなんとかして前に出てポイントを終えたい。

だから
アプローチできる浅い球や死んだ球を相手から引き出すにはどうしたらいいか
と考えている訳です。


で、ゴチャゴチャやろうとして
先にミスる。

試合ではそんなことを繰り返していました。


最近単発のレッスンを受けまして
相手のバック側にループボールのワンパターン
でいいのかもと思うようになりました。

コレはもちろん極論ですが
高い打点のバックハンドをきっちり振り切って
いい球で返せる素人はあまり多くないです。

さらに
高い確率で叩き込める素人は
ほとんどいないと言ってもいい。
(それができる人はもはや堅気の人とは言えない)



そう思ってからしばらく
明らかに攻めるべき球と明らかに守るべき球
それ以外の球のほとんどをバック側へのループボールにしてみたところ
意外といい確率でアプローチできる球を作ることができました。

それがポイントにつながるかは
別の問題なんですが…



私の持ち球(特にフォア)はフラット気味なんですが
この球は強くスピンをかけたい。

深く行けばいいのですが
浅くなると打ち頃の球になってしまいます。

強いスピンをかけられれば
多少浅くなっても押し込むことができる。



来年度の市民大会で生かせるよう
修行あるのみ、です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 16:35:27 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
シングルスを始めたころ(初級レベルです)
何回かシングルスの試合に出ている人に練習相手になってもらいました。

とにかく、相手のバックへループ(スピン)ボールを送ること!
これがアドバイスの全てでしたw

決してネットを取りにいくわけではないのですけれど
女性ではバックハンドの高い打点を
エンドライン後方から正確に返せる人は超少ないです(笑)
2014-02-04 火 22:33:18 | URL | てにまま [編集]
※てにままさま


やっぱりそうですよねー。
試してみても、意外と成功率が高いんですよ。

真理とは意外とシンプルなのかもしれません。

2014-02-05 水 19:12:21 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。