■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フォアハンドでの右足


サイドステップと早い準備を意識していたら
フォアハンドの調子がだいぶよくなりました。

それはいいのですが
我ながら気になる点がひとつ。


外側に振られた時のフォアハンドで
オープンスタンスになるのは自然です。

ですが
余裕のあるときのフォアハンドでも
右足を踏み込んでインパクトを迎えると
体のひねり戻しがスムーズに行えて打ちやすく感じるのです。



普通に考えると左足を踏み込むのが自然なはずです。
それが逆になるだけでなく
オープンスタンスとして考えてみても
左足より右足が前に出る極端なオープンになってしまいます。



私のフォアの欠点は (いろいろあるのですが) 肩が入らないことです。

練習しても直らないのは
肩を入れると前が見えにくくなるからだと考えています。
 (その感じはあります)

それが
この右足前の入り方にすると肩を入れられるのに
しっかり前を見ることができる。



という訳で
可能な限り意識して右足を前にしているんですが
やはり見た目が変なのか
相手に微妙な顔をされることがあります。

このまま続けるつもりなんですが
果たして体の使い方として正しいのか正しくないのか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


テニス・技術面 | 18:15:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。