■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
泥臭く
久々テニスなのに
またシングルスの練習試合をしてきました。

4時間3人で…


二人とも強くて全然勝てません。
しかも佇まいから体育会上がりと思われます。

2時間たたないうちに体力が切れてきて
さらにここでもマメが破けて
このまま時間が過ぎるだけか…

なんて時に急に思い出したんです。


学生時代は下手くそな似非シコラーとして
泥臭く格好悪くコートを走り回っていた自分を。


それから自分の体力も省みずに
似非シコラースタイルをやってみました。

するとそれまで勝負にならなかったのが
私の流れになってきて
最後の方にはいくつか勝てたりしました。

結果は別としても
やればやるほど闘志がみなぎってきました。

体力的にはホントにキツくて試合後は座り込んでしまうくらいでしたが
気持ちは勝手に盛り上がって
完全に学生気分に戻っていました。


あの頃に比べると体力は確実に落ちています。
体重増に比例してフットワークも悪くなっているでしょう。

だからこそ省エネテニスを目指してきたわけです。


ただやってみてわかったのですが
今の方が有利な点もありまして。


シコラー対策の『いろはのい』として
①自分が前に出る②相手を前に出す
の2点が知られています。

その点私は前に出るのが苦ではない。
というかむしろ好き。
(いいパスは持ってないから前に出られたら困るけど)


しかも学生時代には持ってなかったバックのスライスが
今は得意なショットになっています。

ムーンボール一辺倒のワンパターンではなく
ペースを変える選択肢があります。

シコラースタイルがうまくいかない時に
対処できる引き出しが増えています。

これは学生時代の私にはなかったモノで
今回のシングルス練習試合でも生かすことができました。

つまり似非シコラーの似非たる所に
広がりがでていると感じています。



私の住む地区の市民大会は真夏に3試合もやるので
(しかも1日では終わらない)
衰える一方の体力を考えて省エネなスマートなスタイルを手に入れようと
模索してきました。

それはもっともな判断ですが
そもそもシングルスは真剣にやったら疲れるものです。

結局はラクをして勝てるようになろうとしていた訳で
根本的に間違っていたのかもしれません。


今回の教訓から泥臭く走り回るプレーを基本にして
自分のシングルスを作り直してみようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


試合など | 15:53:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad