■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
シンプルなこと
もうだいぶ経ってしまいましたが
新年度を迎えて新しい利用者さんが入ったので
入所式をしました。

ウチの入所式は結構しっかりとした式で
職員は全員スーツ着用で
紅白幕を出したり
役所や町会の方をお呼びしたり
利用者のみなさんによる出し物があったりして
割と盛りだくさんです。

それだけに担当職員は大変そうですが。


そんな入所式が終わり
まじめな担当職員くんが

アレが足りなかったコレがだめだった

などとへこんでいたので

『ご本人は立派に挨拶できてニコニコしてたし
お母さんなんかすごく喜んで泣いてたよ』

と伝えてみたら
らうつむきがちだった担当くんの目が輝いて
すごく喜んでくれました。

自分の苦労が報われた気がしたのだと思います。



結局はシンプルなことなんだと思います。

人事考課だの勤務評定だの
そういうのは二次的なものでしかなく
私たちは利用される方々のために働いているんです。

私たちを評価するのはまず利用者さんたちである。

それさえブレなければ
誰がどんな評価をつけようが関係ないのです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。




精神病院で働いていた頃のことを思い出しました。

ご家族の勧めや何らかの異変を感じて
意を決してウチの病院に来てくれた初診の患者さんが
診察待ちの間に行方不明になってしまいました。

職員に緊急召集がかかってみんなで探したところ
なんと私が発見!

声をかけてお話を聞いたら
案外すんなりと納得してくれて
無事受診することができました。
(結果、入院になりました)


めでたしめでたしで仕事に戻ると
直属の上司が飛び上がらんばかりに喜んで

『丸坊主くん、お手柄だよ。院長も大変喜んでいたよ』

とねぎらわれました。

が、全然喜べません。

見つけたのはたまたまだし。
説得が成功したのもたまたま。


『けっ!』とか思いながら
(我ながらかわいくない部下ですね)
病棟に行って
たまたま出会った事務長から

『ご家族の方がすごく喜んでたよ。よかったね』

と言われると
すごく素直に喜べました。


もちろん職場から評価されて嬉しくない訳はないのですが
そもそも患者さんや利用者さんのための仕事なので
患者さん、利用者さんから評価されるのが一番嬉しい。


期間限定とはいえ自分が上司の立場になったので
そんなシンプルなことを忘れないようにしなければいけません。
スポンサーサイト
福祉の仕事 | 13:24:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad