■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏の病
なんとなく梅雨本番  って感じですが、
夏はもうすぐそこです。
温暖化の影響か、猛暑が予想されたりするようです。

となると皆さん
アレに気をつけないといけません。
熱中症です。


熱中症って、普通は頭痛とかですむんです。
でも私、以前にかなり重い熱中症(+脱水症状)にかかったことがあります。



あれは大学時代…。



後年私をどん底に突き落とすことになる I 先生
我がテニス部の顧問に就任。

大学に働きかけてくれて、デコボコクレーをオムニコートに改修!
(凄くない?)
完成予定の夏から徹底的に鍛えると宣言していました。





そして迎えた夏休み。


まずは実力を見たいから部内戦をやれ、とのこと。
もちろん I 先生は見ています。

私の相手は、後に、私と共にどん底に落とされることになるM先輩です。


暑い夏の日でした。
I 先生が見ているのもあり(その顔が恐いのもあり)、
普段以上に頑張って走ります。



今日は特に暑い…。



試合を通してそう思っていたのですが
途中から急に涼しくなってきました。

天気は依然として快晴です。




何故に?




でも今は試合中。
幸いノドの乾きが気にならなくなったので
フラフラしながらも続けました。



涼しさは寒気に変わります。

ほどなく凍える寒さになりました。




さっきまで暑かったのに、さっ、寒い・・・




そしてその時を迎えたのです。




M先輩が私のフォア側にいいショットを打ち込んできました。
それを追って右足を踏ん張ったその時。












そこに沼があったのです。





ズブズブと飲み込まれていく私の右足。



丸坊主:「あれっ? なんでオムニコートに沼があるんだろう?」

















ここで記憶が途切れます。
熱中症と脱水症状で倒れたのです。


でも私は確かに見たし、感じました。

右足を踏ん張ったところだけ沼があって、
ズブズブって足が飲み込まれていって
周りにはさざ波もたっていたのです。




人間って、体内の水分の数%を失うだけで倒れてしまうそうです。
倒れるだけじゃなく、物事を認識する能力にも影響が出るのですね。
この時に私が見たのはいわゆる幻覚です。
(出来たてのオムニコートに沼はありません。たぶん)
でもホントにリアルに感じたのです。
今でもはっきり思い出せます。


このおかげで私は
「健康と不健康とは紙一重である」
ということを体感として理解したのです。
だってたったの数%ですよ。
それだけの違いで、あんなにリアルな幻覚が見えてしまう訳です。


体の中のちょっとしたバランスが崩れたら、
結構簡単に健康は崩れてしまう。



自分の肉体の脆さを知るって、スポーツをする人だけでなく
みんなが知っておいていいことではないかと思うのであります。



なにはともあれ、もう暑い季節です。
これからもっともっと暑くなります。
水分補給は十分に行い、楽しくテニスをしましょう。




ちなみにテニスマスターT氏からの受け売りですが
スポーツ中の水分補給はやっぱり水が基本!
スポーツドリンク等は、相当暑くて汗をたくさんかく時に
「水2:ドリンク1」
程度の割合で取り入れるのがいいそうです。

確かにコートでスポーツドリンクじゃなく
「エ○アン」
とか
「ヴォ○ビック」
とか飲んでいるプレーヤーって、かっこよく見えますよね。



私は水筒持参ですが。
何か?


人気blogランキングへ よかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト


テニス・その他 | 21:42:44 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
久しぶりのテニス病
こんにちは。
久しぶりのテニス病(テニスをしたくてしょうがない)にかかっているパオパオパパといいます。
先日このページを知り、あまりに面白いので5月から全部読ませてもらいました。
テニスを始めたきっかけ、高校・大学時代の部活、面白いトーナメントの話など大笑いしながら読ませてもらいました。でもただ面白いだけでなく丸坊主さんの素朴でひたむきな人柄が伝わってくるのがいいなぁと感じています。
初優勝の話題は僕もいつかはと思っているので一緒に嬉しかったし、区民大会での敗戦は上を目指す覚悟を決めたら壁を乗り越えなければいけないんだよなと共感しながら読みました。
丸坊主さんはスクール「上級」なので僕よりずっと格上なのですが、気取らない文章のせいか、ついタメ口で書かせてもらいました。
僕も広義では同じ福祉関係の仕事をしているので介助などで腰を痛めやすい環境にいます。お互い「熱中症」やその他の様々な怪我に気を付けながらテニスライフを楽しんでいきたいですね。
それでは長々と書かせてもらいましたが、次の更新も楽しみにしています。
2007-07-15 日 09:09:30 | URL | パオパオパパ [編集]
「沼」ですか!
「沼」ですか~~!リアルで怖さが伝わります・・・(^_^;)
私もすごく暑い日のレッスンで貧血気味になったことが。
「寒気」の段階だったのですね、多分・・・無理や我慢は禁物ですね。

顧問の先生の大物っぷりが爽快~♪
熱い人っていいな~。
最近のはやりなのか、冷めていると言うか格好良さ優先の人は
性に合わない私です。





2007-07-15 日 17:24:16 | URL | ららこ [編集]
*パオパオパパ様

ご訪問とコメント、ありがとうございます!
とても嬉しいです。

最初から読んでいただいたとのこと。お目汚しでございます。
ちなみにスクール「上級」はあくまでも平日の日中限定です。
まぁそれでも本人は喜んでいるのですが…。
気にせずこれからもタメ口でお願いします。
私も気が楽です。

お互い腰痛他、怪我には注意して、テニスを楽しみましょう。



*ららこ様

そうなんですよ。
沼だったんです。
足がはまり込む感じとか、今でもはっきり覚えているので
あれが幻覚だったとはなかなか信じがたい所があり…。
まぁ、常識で考えて幻覚なんですが。

寒気を感じたらさっさと日陰に避難したほうがいいみたいです。
その時点でもう限界のようです。
2007-07-15 日 21:15:58 | URL | 丸坊主 [編集]
熱射病ではなく、熱中症が正しかった?
日射病と熱中症が混ざっちゃったかしら。

一応、熱中症に統一して訂正します。

詳しい方がいらしたら、教えてください。
2007-07-18 水 23:33:49 | URL | 丸坊主 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。