■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
普通に暮らす


新しい年度を迎えてなんだかんだと慌ただしく
ようやく落ち着いてきたところで考えてみました。

重度の知的障害を抱える方々が
社会や地域で普通に暮らすというのは
どういう状態を指すのだろうか。


私は
ありのままの姿が理解されて
受け入れられている状態
と仮定してみました。


もちろん社会や地域で暮らすにあたっては
守らなければならないルールがあるし
守ることが望まれるマナーがあります。

ありのままの姿で許されるには当然限界があります。


でも、それらをすべて身につけなければならないとしたら
重度の障害を抱えた彼らの多くには
到達できないゴールになってしまいます。

それも厳然たる事実です。


いろんな条件を考慮しないでまっさらに考えると
地域で暮らす究極の形は
ありのままの姿が理解されて受け入れられることだと
私には思えるのです。


例えば
ウチに通う某さんのように大声をあげていても
また別の某さんのように大声で泣いていても
また別の某さんのように走り回ってピョンピョンしていても
また別の某さんのように悪態?をついていても

『またやってるねぇ。元気だねぇ』

くらいに受け止められる。


だいぶ先、果てしなく先かもしれませんが
そんな地域にしたいという現場職員の思いが
支援の場で形になりかけています。


今年度の事業計画にその思いを盛り込み
昨年度の事業報告にはその兆しが生まれた経過を記載しました。


ウチの職場のよいところは
上からああしろこうしろと押しつけるのではなく
現場のみんなからの発案で事が進んでいるところです。

果たしてどの程度形にすることができるでしょうか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 07:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。