■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
創業者の思い

ウチの施設は設立から20年ちょっと経っています。

ウチの社会福祉法人は
設立してからもっともっと経っています。


前に
ウチの現場職員の思いが支援の場で形になりかけている
というようなことを書きましたが
改めてウチの法人設立時の資料を読み返すと
多くの部分で重なっていて
なんだか勇気づけられました。


創業者の思いを忘れた企業に未来はない

という話はよく聞かれますが
それは社会福祉法人でも同じだと思います。



身内の恥をさらすようですが
大変残念な話を。


数年前にウチの法人の○○周年記念パーティー的なものがあり
私も参加させてもらいました。

大きな会場を借りたとても大々的なモノでした。


その中で利用者有志の出し物として
合唱の披露がありました。

みなさんこの日のために練習してきたのでしょう。
外部からの来賓も多く
働いている私たちだけでなく
利用している彼ら自身のことを伝える
とてもいい出し物だと思いました。

…が

みんなあまり聞いていない。

聞いてないばかりか
方々で話し込んでいる姿まで


外部からたくさんの来賓を呼んでいるから
接待しないといけなかったんでしょう。
こういう席でないとなかなか会えない
久しぶりの顔もあったんでしょう。


にしてもヒドい。

5分少々の合唱さえ黙って聞けないのだろうか。

っていうか
私たちは誰を支援する集まりなのか
完全に忘れているとしか思えません。

○○周年という大きな節目となるこの式典を
ウチの創業者が見たらどう思うだろうか。

ついでに招待した来賓の方からはどのように見えたのだろうか。


法人組織の末端の存在ながら
恥ずかしくて帰りたくなりました。



それから数年。

期間限定とはいえ管理職の端くれになったので
あの時のバカどもを反面教師として
現場のみんなに恥ずかしくない背中を見せなければなりません。


魚は頭から腐る

のだそうです。
と言っても
私がいるのは腹、よく見てもエラ程度の場所ですが。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 20:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。