■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ラケット迷子を抜け出し、マンティスプロ295(初代モデル)に決まりそうです。

使用ストリング:
ストリングは完全に迷子になっています。
テンションも28P~55Pで、振り幅が大きいです。

使用シューズ:
アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腹立たしい

自分で言うのもヘンですが
相当腹を立てています。

しかも今回は
結構持続力があります。


瞬間的にイラっとして

『ねーねー、聞いて。ひどくない?』

とグチって終わり
といういつものパターンとは明らかに違います。



理由は簡単。
同僚の仕事を否定された(と私が感じた)からです。

私自身にはたいした思想も理想もないくせに
いやそれだからこそ
同僚のすてきな試みは大事にしたいと思っているのです。


こうなるとやっかいです。

譲れる余地が無いから対立の構図は崩せないし
さらに私は石頭。

相手にだって受け入れる余地はないだろうし
ここから対話の可能性はあるのでしょうか。





モノの本によると
イラっとした時はアラームが鳴っているのだそうです。

今回はアラームが鳴り響いていて
私はそれを理解している。

しかしここからどうしたらいいか
わからなくて困っています。

ウソ。

わかってはいるのです。
わかりたくないだけで。

人気blogランキングへ 対応を誤ると最悪クビが飛びますが、よかったらクリックをお願いします。
スポンサーサイト


福祉の仕事 | 07:45:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。